« 100円ドライバー | トップページ | PHSの終焉その4 »

嵩増しでないハト麦茶

kasamashidenaiいやぁこれくらい詰めてくれると気持ちがいい。持った感じもずっしりしている。こちらはスーパーに売っている、知らないメーカーのハトムギ入り麦茶である。味は悪くはないが飛び抜けて良くもなく、やはりかおりちゃんには勝てないが、そんなに悪くはない。パッケージの見本としてはこちらがお手本だろう。紙パックは少し小さいので2個だと水出しでは濃さが足りない感じで3つ入れたいところ。大麦はオーストラリア・カナダ・日本産で、ハトムギは中国、タイ産だそうな。あとはこの原料と、パッケージングがどれだけ信用できるかと言うところか。この前やっていた、CQ10のフォーミュラスリムみたいに、まるで植木に入れる固形肥料を作るかのごとく適当に作られていたりしたら悲しい。袋の表記なんて何の信頼性もないので、煮出して飲むだけにハトムギの残留農薬とか大量購入するスーパーなど第三者が自主的に定期的な検査をして欲しいものである。スーパーでは、倍近い値段差があるにもかかわらず、中国産よりも日本産の方が売れてしまってなくなっている。椎茸とか100円と400円くらいの差があったりするが、それでも安全性を考えると、どんな生産をしているか謎のものより日本産の方が安全とみんな思っているからか。椎茸やこういう乾燥穀物系のように洗うに洗えないものは特にそうだろう。いやそれよりもやはり日本産の方がおいしいからか。いや聞かなくてもやはりおいしい。

|

« 100円ドライバー | トップページ | PHSの終焉その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 100円ドライバー | トップページ | PHSの終焉その4 »