« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

PHSの終焉その4

docomocp0602なんとまたまたきました。今度はなんと、すでに契約している携帯のスイッチ・機種変更に合わせてPHSを解約したら同様の割引をしますというもの。相当な条件の譲歩といえる。松下の5万円買い取りに匹敵するか。そんなに加速してPHSを収束させたいのか。たしかに町中のPHSの電柱のアクセスポイントの稼働率は極小だろう。稼働するポイントは非常に限定的と思われる。ホテルの近く、企業や学校の近く、駅の周辺のみだろう。人口集中エリアにくまなく配置した無駄な電気食いの5%位の物だろうか。いやもっと少ないのかも知れない。それならwillコムみたいに定額みたいなことをすればよいが、もはや端末がないか。PHSの64K対応の電柱を近所に作ってくれと言って、調査にお家まできてもらったのはそんなに昔のことではない。結局のところ設備投資は回収できたのかどうか怪しい。すでに契約者数85万台まで減っており1年で50万台解約したことになる。携帯の5000万台と比べたら屁みたいな数か・・・。それに比べてwillコムは1年で74万台も増えておりいい勢いか。PHSの衰退はここセコムとかいまどこサービスへの影響が気になるが、フルエリアはどこか一社に絞って、利用価値のあるところだけでも使えるとありがたいのはありがたい。しかしそう言うところにはすでに遙かに高速な公衆無線LANがつながるようになっていて、結局は使い道がないと言うことか・・・。これも時代の流れであろう。
それよりもこんな条件の良いクーポンがきたからには、そろそろ寿命の504iも機種変更を考えなければならないということか。なんと、期限はPHSサービス終了までと書いてある。

| | コメント (0)

嵩増しでないハト麦茶

kasamashidenaiいやぁこれくらい詰めてくれると気持ちがいい。持った感じもずっしりしている。こちらはスーパーに売っている、知らないメーカーのハトムギ入り麦茶である。味は悪くはないが飛び抜けて良くもなく、やはりかおりちゃんには勝てないが、そんなに悪くはない。パッケージの見本としてはこちらがお手本だろう。紙パックは少し小さいので2個だと水出しでは濃さが足りない感じで3つ入れたいところ。大麦はオーストラリア・カナダ・日本産で、ハトムギは中国、タイ産だそうな。あとはこの原料と、パッケージングがどれだけ信用できるかと言うところか。この前やっていた、CQ10のフォーミュラスリムみたいに、まるで植木に入れる固形肥料を作るかのごとく適当に作られていたりしたら悲しい。袋の表記なんて何の信頼性もないので、煮出して飲むだけにハトムギの残留農薬とか大量購入するスーパーなど第三者が自主的に定期的な検査をして欲しいものである。スーパーでは、倍近い値段差があるにもかかわらず、中国産よりも日本産の方が売れてしまってなくなっている。椎茸とか100円と400円くらいの差があったりするが、それでも安全性を考えると、どんな生産をしているか謎のものより日本産の方が安全とみんな思っているからか。椎茸やこういう乾燥穀物系のように洗うに洗えないものは特にそうだろう。いやそれよりもやはり日本産の方がおいしいからか。いや聞かなくてもやはりおいしい。

| | コメント (0)

100円ドライバー

dsdriversやや所用があって、ドライバーと工具を買いに行った。ダイ粗にも使えるものがあり、それはそれで安いのでそれを買いに行ったのだが、ドライバーも物色していると、結構まともそうなのもあり、だめもとで買ってみた。一見ベッセル風で、先が黒く酸化処理がしてあり、焼きが入っているのかどうかは解らない。焼き入れと書いてあるのもあるし書いてないのもある。普通ちゃんとしたメーカーのものはそもそも焼きが入っていないとドライバーとして使えないのでデフォルトが焼き入りだが、安物は解らない。差し替えセットとか景品になりそうなものはそもそもドライバー風文房具の部類であり焼きが入っているものではない。黒いのは一見焼きかと思われそうだがこれはメッキだとはがれてくるので黒錆びというか酸化処理がしてあるだけである。たくさん買ってしまったが・・・、
dsdrvtip
左はベッセルのビットの先で右がダイ粗ベッセル風の先である。よーく見てもそんなに変わらない。焼きは入っていないわけではないみたいだ。一回で変形してしまうような柔らかさではない。若干先っぽの出っ張りが違うかと言うだけであとは、切削精度の問題か。いやまあそれでも100円でこれくらいまで仕上がっているのは良しとするべきだろうか。もう一歩でJIS認定工場も不可能ではないという感じだ。ベッセルも昔はKTCやPBなどに比べると安物というイメージがあったが、しかしさすが日本製である。充分まともな良い工具であり、これらの精度のでていないものに比べたら格段にまともである。
dsdrivsnap相手がサラねじだとぐっと押し込むと一応食いつくが、ナベねじだと若干の磁力を持ってしても全く食いついてくれない。対してベッセルはどちらも押し込まなくても入るしちゃんと食いついており、ねじが落ちない。微妙ではあるがやはり100円は精度がでていない。ベッセルが高いのかというと、そんなことはなくせいぜい200円とかものによっては100円くらいの差しかない。ねじをなめずにちゃんと締めるには、いやその前に正しい工具の使い方を手で覚えるには良い工具を使うべきである。良い仕事には良い工具をと言うのは当然か。昨今の若僧を見ていると平気で変な工具で適当にねじを回してしまう。小さい頃からパチ工具に親しんでしまった弊害かも知れない。やや悲しい現状である。
写真はサラねじに押し込んでみた100円ドライバである。サラなら注意して使えば使えるレベルである。
ただ透明な樹脂の部分の樹脂の堅さがやや硬いので、あまり力を入れると割れてきそうな気配がある。ベッセルなどのは透明でもやや柔らかく割れることはない。その辺も要注意であるか。

| | コメント (0)

マドレーヌの思い出

madeleine
おくさまがマドレーヌを作りたいというので、マドレーヌの型と紙を買ってきて、昔作ったのを思い出しながらマドレーヌを作ってみた。小学生の頃、大阪ガスのオーブンをお家で買ったのだが、それに付いていたお菓子のレシピ集を一つずつ作ってみるのが楽しみだった。当時はホームセンターや大きなスーパーなんてまだなかったので、チョコレートの元や飾りやグッズを買いに行くのは大丸の手作りコーナーか大阪ガスの営業所のお菓子材料コーナーだった。ガスのオーブンはさすがに火力が強くスポンジケーキや焼き物のお菓子はとてもうまく焼けたのを覚えている。電気のオーブンでどれくらいうまく焼けるのだろうと思ったが、まあまあそれでもおいしいのができた。ベーキングパウダーが古いのか足りないのかちょっとふくらみが足らないと言うか入れる量が足りていない感じだが、無塩バターではなくケーキ用のマーガリンで作ったマドレーヌはあっさりしていてとてもおいしい。madelein2
色がくすんでいる方はココア味である。マドレーヌはこのマドレーヌと書いた紙が売っていて、さらに個装用の袋まで売っている。うまく作って、個装すれば売っているのと見分けはぜんぜん付かないかもしれない。そう、小学校の頃、何かの会の手みやげに自作のマドレーヌを持って行った。家で作ったと言っても誰も信用してくれなかった。買ってきたのを自分で作ったと言っている嘘つきみたいで結構悲しかった。それほど完璧にガキども(自分もガキだったが)には売っているものと見分けも味も付かなかったのである。あまり完璧にうまく作ってもよろしくないのかと言うことを実感した出来事であった。なぜかこれは今でも良く覚えている。
ともあれ、電気のオーブンレンジだと予熱していても勢いがないので冷えたトレーとカップを入れると温度が下がってしまって戻るのに時間がかかるところから、20分くらい焼かないとダメみたいですね。

| | コメント (0)

ブルーベリーの芽

bluberyme1
ようやく梅の開花の季節かと思いきや、梅はベランダにないはず・・・。ベランダに枝を伸ばしているのは、なぜかたくさん鉢のあるブルーベリーの芽だ。それでもほんの一握りほどのすっぱい実が採れるのがよろしいところか。やっと少し風が冷たくなかったので、ベランダでプランターをひっくり返して土を広げて古い根っこをだいぶん取り除いた。土のある庭があるとどさっと広げて混ぜたりできるのだがベランダではなかなか思うようにはいきませんな。まあしいて言えば、土の中に虫やミミズがいないのが良いか。庭ならいてもどうと言うことはないが・・・なめくじがいないのが良いかね。今年は小松菜を蒔くタイミングを逃したので、くさい菜の花も見られずです。

| | コメント (0)

今年のポインセチア

poin06昨年いい感じだったポインセチアだが、夏場に育ちすぎて、一度剪定したもののまたまた伸びてしまって2回目やりそびれてやたらに背が高くなってしまった。それでも暗いお部屋に置いておいたらちゃんと赤くなり、なんか枯れそうだがまだ育っている。鉢は驚くほど軽く、よく見ると真ん中は挿し花をするスポンジみたいなのに刺さったままだ。それでも根っこは吸い上げ式の下のトレーにまで伸びかけており、なんとまた生命力のある木であること。土の鉢に植え替えてもいいが、冬場に部屋に持ち込むにはこの吸い上げ式の鉢の方が便利か。春には切り戻してあげようか。
左に転がっているのは乾燥したオクラの実と種。右の封筒の中には大葉の種が山ほど・・・。

| | コメント (0)

温泉玉子蒸し器

onsentamago棚の奥から温泉卵作り器が出てきた。どこにも製造元が書いてない。ちゃちいものであり、これはUFOキャッチャーの景品ではないかな。せっかくなので使ってみてから捨てることにして作ってみた。1回目、書いてあるとおりにやってみた。5分で温泉卵とか書いてある。ほんとか? 卵を入れてお湯を注ぐと、少しづつお湯が抜けていき5分くらいでなくなったところで卵が温泉卵になっているというたくらみだろう。しかし穴が大きくてお湯を一杯入れてみたが1分ほどでなくなってしまって全く使い物にならない。違う面を読むと、「玉子の温度、大きさ・お湯の量・時間や室温により出来上がりの状態に差が生じます。ご使用経験により調節してください。」と書いてある。そうか。うまい言い逃れだ。何をどう調節せよというのか。 
onsentukaikataそこで2回目穴をセロテープでふさいで、爪楊枝で小さい穴を開けて、お湯の落ちる量を少なくしてみた。10分たっても落ち切っていない。そろそろいいだろうと思って出してみたらいい感じだった。やはり10分くらいはかかるだろう。調節せよとはこういうことか?? 沸き立ての熱湯を入れろと書いてあるが、それではしろみが固まりすぎてダメだろう。もう少しぬるま湯を長く入れた方がいい感じではないか? それなら、パイレックスの計量カップにお湯を入れて時間を計った方が簡単でうまくいくのではないの。何のための温泉玉子蒸し器なのだろう。これは流しそうめんのモーター式回転流れるプールマシーンと同じで、単に視覚的におもしろいかもと言うだけのものか。いやそうに違いない。2度も使えたからもうお役ご免だろうか。はかない温泉玉子蒸し器であった。

| | コメント (0)

スカパーの落とし穴

skapahenkin
よくばりパックを申し込んで喜んでいたら、ベーシックパックと2重に請求がきてあららと思っていたら、なんと返金してくれるといううれしいはがきが来た。ガイドに付いているはがきで申し込む場合は解約の欄があるのだが、HPから申し込むと、追加申し込みは簡単だが、どうやってベーシックパックを解約するのかが謎で、結局解約ができていなかったのだ。その辺の注意事項はよくばりパックの広告のところにちらっと書いてあったのだが、申し込む方に気を取られて、ちゃんと解約確認をすることができなかった。そのあたりほとんどのチャンネルがダブるのだから追加ではなくて切り替えという方法で募集してくれれば良かったのだが、申し込んだら2重に取られていると言う人があまりに多かったのだろう。良心的な対処ではないか。
それに比べてNHKはなんだ。自らの改善も不明瞭なまま、時代錯誤な価値観の情報料を合法と称して法的にせびると宣う。まずスリム化して無駄をなくせ。現状夜店の猫肉一口カツ状態である。時代相応の情報料に値下げせよ。1chなら400円だ。今時BSは高いなんて理由にならない。電子交換機のプッシュ回線料みたいなもんだ。いまやダイアル回線より安いはずだ。BSでも400円だ。それなら相応な対価として払う気にもなれるかも知れない。もちろん毎月番組ガイドを郵送せよ。見てもらって対価をいただくという姿勢を見せろ。得るものもないのに対価は支払えぬぞ。

| | コメント (0)

第1号のみ収集族

uta390
最近平日は疲れていて全然書けないので土日に一気書きです。
いやはや買うのが追いつかなくなるほど、どんどん出してくるでぃあごすてぃーにやでるぷらどシリーズだが、うまい価格設定と思いきや、2号目以降買ったことがない。そんな人も多いのでは? ドールハウスとか続けている人がいるのかどうか、そこまで根気があればすべて自らのセンスで作りたいもの。そもそも昔からキットは嫌いで、せっかくの楽しみを型にはめられているようで、部品を刺すだけの作業ではなく、やはりユニバーサル基板でどう曲げていこうかと考えながら作り上げるのが工作の楽しいところでしょう。いやいやそれで世界の消防車とかなかなか集めると言っても難しいものを集めさせてくれるのはよいのだが、今ひとつの品質と大量生産されたウルトラマンのビニール人形のような塗装の雑さゆえ、気持ち的に挫折しますね。ダイ粗レベルでよいから集めたいという人にはお手軽なのかも。でもコレクションと誇るほどの価値のあるものかどうか。で青春の歌ベストコレクションな訳で、小さい頃買ってもらった今時からすると20倍くらい高いナショナルのラジカセについていたデモテープに入っていた花嫁を思い出すCDが付いていたので買ってきてもらった。6曲入っていて390円ならよろしいかも。グリコやブルボンの1曲づつより効率いいかも。どんな音で入っているのだろうと思ったら、かなりデジタル処理してあるような気配。やけにしゃらしゃらしている。レコードでは音が出るまでに、テープの複写による1周前の音や、ヒスノイズの始まりなどが聞こえたものだがそれらが全然ないので演算してノイズを取っているのかも。そのまま入れてあるような気配のお菓子シリーズの方が雰囲気があったような気がする。あのすばらしいなんかは、リミックスしているのだろうか?マルチのテープもまだ残っているのか。いやに音がきらびやかで不自然である。100号まで続けると書いてある。ほんとか?? 2号からは990円だそうな。6曲で990円CDというのも微妙ですな。
アナログプレヤーもターンテーブルのゴムのシートが硬化して油を吹いている。まだ動くのだろうか。たまには動かしてみないと・・・。現役製品の(DJ用か?)ターンテーブルのゴムシートだけ発注してごまかすか。

| | コメント (0)

さんぱつやの景品

roundbrush
さんぱつに行ったら景品にブラシをもらった。そうこれはご愛用のブラシと同じやつだ。景品と言えば、USBメモリーなんかが欲しいところだが、散髪屋でそんなもの配っても使い道のない人だらけか。聖地にあるこの前上の階に強盗の入ったアキバあたりなら、配っても役立つ人が多いか?でも企業機密漏洩を助長させるUSBメモリーのノベルティーはまあ展示会あたりに限るべきか。だいたい2000円しない協会外価格の散髪屋さんにそんなもの配る理由がないか。さてそんないいものではないにせよ、このブラシはつまみ部分がねじになっており、ひらたく収納して梱包できるところがみそである。しかし、つまみに対してブラシの部分が柔らかいので、使っていると柔らかい方がひび割れてきてつまみが取れてしまう。一応そこまでの寿命である。このタイプのは100円ショップでもダイ粗でないところに売っていたのだが、最近ダイ粗にはこっちが登場していた。
brashi
つまみのところが一体になっており、ちぎれるまでは使えるかなと言う感じである。分離型はブラシの部分の堅さが絶妙であり、初期の堅さがもっとも良いが、これはやや堅めかなという感じである。それよりこのパッケージの印象的なイラストがすばらしい。コレクションに値する変なイラストであるか。字も日本文字がなかったようでやや変である。これの上位機種に可動する髪の毛除去プレートが付いているのがあるが、これは硬いタイプは硬すぎてだめで、柔らかいタイプはふにゃでダメだった。また除去プレートの穴からブラシの出っ張りがすぐにはずれてしまって、元に戻すのにいらいらするのでこれはヤマダで意味不明な即興記憶商品説明をしてくれるお節介係のお姉さん同様無用の長物だ。

| | コメント (0)

AJカードの解約

ninoajc
ニノミヤのカードがなくなって、勝手に送ってきていたAJカードだが、昨今使い道がないので解約した。昔はVISAカードがいつの間にかいっぱいあって、しかも年会費を取られたりしていたので解約も緊迫していたが、最近は年会費無料が普通になったのでそうそう解約しなくても良いが、ポイントカードと一緒になっているのは仕方ないにしても、クレジットカードの方はまとめないとカードの方のポイントがたまらないのでたくさんあっても全く使い道がない。もう一つ以前は普通のクレジットカードは分割払いができなかったので、あえて日本信販とかの分割払いのできるカードが1つあると役に立ったが、今はJCBとかでも分割が可能なので必要がなくなった。しかもお店独自のショッピングクレジットの方が金利が格安もしくは無料だったりするのであえて手間をかけてでも申し込んだ方が得である。2回3回くらいはまだよろしいが、回数が多くなるとカードの分割はやはり高く、銀行やカード会社の食いどころのカードローンに近くなってくる。お手軽とはいえ、大手健全タイプの消費者金融顔負けの金利で貸し付けてくれるのが悩ましい。
最近やっとHPもまともになったAJだが、解約の申込書を資料請求したら、新規加入の申込書が送られてきた。PDFをダウンロードして封筒まで作るのもじゃまくさいのでもう一回資料請求したらこんどは希望のを送ってきてくれた。
AJでいつも感心するのは、請求書に同封されるチラシの懸賞のすごさである。何通発送しているのか知らないが、毎月ある懸賞の当選者数は品数はいくつかあるにしてもそれぞれ当選数1である。1つだけ懸賞担当が景品を買ってきて写真撮って何万部チラシにすってしかもチラシの結構な面積をそのために割いていて、1かいなというなんと無駄な作業であることか。本の紹介も買ってきたその1冊を評してプレゼントして処分するという、学校や小企業の会報のような懸賞がとても印象的である。いまでこそHPから応募できるのだと思うが、以前は破片をはがきに貼って出さないといけなく、その手間と確率からあまり応募する人もいないのだろうか逆に当たりやすかったのかむかし奥様はエプロンをもらっていた。
J&Pも最近はカード利用額に応じてJポイント付加と言って宣伝しているが、それも相当買わないとたまらないので、それこそ500円の景品をもらいに行った方が得かも知れない。そんなわけで、とりあえずはJCBに集約している昨今である。

| | コメント (0)

ロアスのマウスが当たった

loasmouse
何がきたのかと思ったら、ロアスのプレゼントに応募したマウスが当たったのだった。ワイヤレスではないがオプティカルで、垂直に投光しており、誤動作しやすかった反射物体でも誤動作しにくいのだそうだ。たしかに絨毯の上やクリアフォルダーの上とかでもちゃんと動くようだ。いやしかし、以前はロジテックのワイヤレスボールマウスを15000円も出して買ったのを覚えているが、これはこれでI/FがPS2で電池も1年以上持つし、USBが死んでいても使えるのでまだつないだままで現役だが、今や2千いくらでオプティカルでワイアレスのが手にはいるとはいやはや大量生産によるコストダウンはすざまじい。で、これはワイヤードだが、会社とかでつかうには線が付いていた方がなくならないので良いだろう。しかもワイヤレスマウスが氾濫してきたのでよそのとリンクしないという意味でも無公害である。どこかの無線乱のうたい文句「お家の隅々まで電波が届く」というのはすなわち「2軒先にも電波が漏れてる」であり、そのチャンネルは2軒先でも干渉しているのであって、工場なんかでは良いと思うが、家庭には1つのハイパワーより、ローパワーの分散化の方が迷惑でないだろう。
いただいたマウス自体はかなり貧相な仕上げの外観は安物で安売りしてたら980円かなというものであるが、頂き物だからありがたく使わせていただきたいと思います。オプティカルはメカ部分がないので、ケーブルが断線するかチップが日本の四季に絶えられずお亡くなりにならない限り比較的つぶれにくいのでよろしいことであります。とりあえず見かけた懸賞には応募しておかないとと言うことですね。

| | コメント (0)

さんしょ

sanshoひさびさにおいしいうなぎを食べようと日本産のうなぎの蒲焼きを買ってきた。どうせならおいしく食べようと新しい山椒のふりかけを買ってきた。もともと胡椒より山椒の瓶は高いがさらに高いハウスのミルの付いているやつを買ってきた。これはなかなかいけている。山椒の実丸ごとだと樹脂製のミルでは碾ききれないのである程度つぶしてあるが、それでも完全に碾いてある最近特に消毒薬のような臭いのするおいしくない山椒の粉に比べると比較にならないほどいい香りである。たぶん粉のものは、葉も乾燥させて混じっているのだと思うが、これは実だけが入っており実だけの香りが大変よろしい。ふと、鞍馬寺の入り口のちょっと先の左側に木の芽だきのおみやげを売っているお店があって、そこのさんしょうの佃煮というか木の芽だきの味を思い出したが、あれは実と花と葉も入っていて、お茶漬けにすると舌がしびれるような何ともいえない刺激があって絶妙だが、それともまた違うさんしょうの実の味だ。このあたりの日本製ハーブ系香辛料はどこかの国でわさびをドラッグのように刺激を楽しんで食べているのと同じ感覚なのかも。
そういえば、先月七草がゆをスーパーに売っている七草セットをきざんでおかゆに炊き込んで食べたら、一気にじんま疹が出てきてしまった。草ゆえしかも芽に近いのでアクが強すぎるのか普段食べない食材へのアレルギー反応なのか、それとも草なんて何もやらずにも生えてきそうだが、こういう出荷用には農薬を使って見た目綺麗に育ててあって、農薬に反応しているのか、どこで作ったものなのかパックを取っておくべきだった。七草がゆのおまじないとは裏腹に、七草がゆアレルギーに注意て言う感じだった。

| | コメント (0)

PHSの終焉その3

phsendいやはやとうとう打ち切り宣言が出てしまった。そういえば、最近あまり出張していないのでピッチカードも活躍していない。と言うより最近は管理が厳しくなったので個人のパソにノーツなんかを入れるとうっとしいので結局お仕事メールは個人ノーパソでは扱わなくなったこともあり、あまり利用する機会がなくなってしまった。聖地でもマクドに行けば無線乱ができたりしてますます使わないって・・・。Willコムは逆に拡張しようとしていたりするが、それなら反エコの無駄な電気食いの星の数ほどある電柱基地局を譲渡すればよいのにと思ったりする。結局まだご優待チケットも使わないまま2万円のFOMAと換えてもらって一番安い契約で何ヶ月目で解約して、ファミリー割引を組み直したら少しは得なのかとかちゃんと計算もせず思いを巡らしている。いっそうのこと解約してBmobileカードを買うかと言うのもまだ思っている。だいたいノーパソのモデムの口も最近全然使ったことないし、ダイアルアップの番号もよく考えたら知らないぞと言う時代になってしまったのか。パケホーダイも近々どのプランでも付けられるようになるのだとか。それだけ回線パワーが上がったのだろうか。2500円くらいなら気軽だが3900は高いね。
そう言えばいつの間にか便利な時代になりつつあり、とうとうフェリカ式カードが大阪地下鉄でも使えるようになったのだとか。icocaでも乗れるのだとか。suicaは持っているがsuicaでは乗れないのだろうか?どこにも書いてないね。suicaで乗れるのなら、JR東のビューカードで携帯suicaを契約したら携帯suicaで大阪地下鉄も乗れるのだろうか。早く南海もやって欲しいものである。いつもいけていない近鉄と、いやもっとも遅れているJR東海の新幹線の改札と東京駅の構内のエクスプレス券売機にsuica読み取り機をはやく付けてくれ。在来線からの乗り換えがことごとく不便だ。その辺は航空会社のあっという間の端末の新機種導入に比べると5年遅れているね。

| | コメント (0)

わりと役立つ瓶

bin3
これはダイ粗ーに売っている瓶である。ただのソーダガラスの瓶でアルミのふたが付いていてある程度の密閉が効くようになっている樹脂のベロがふたの口に付いている。アルミのネームプレートも付いている。見た目も外国のキッチンを写した写真に出てくるようなデザインでいい感じでまあまあ使えている。これは100円なら○な方だろう。ふたの口のパッキンをシリコンゴムにして上等にしてくれたら100点だが若干難ありなので80点かな。ふたを持つと瓶が落ちるので知らない人がさわるとトラブルの元かも。お店ではふたを持って持ち上げないでと赤いシールが貼ってあった。ふたはねじにして普通のジャムの瓶みたいにした方が安全なのは安全だろう。瓶は持ち上げないのであれば、駄菓子屋の飴の瓶のようにはまっているだけの方がお手軽ではある。
binnofutaジャムを煮沸殺菌するのに密閉するような用途には使えないが、完全な気密性を求めないちょっと入れておくくらいには十分である。これの楕円形のもあるが、楕円ゆえパッキンのベロが形に合っていなく、隙間ができていてダメである。丸形の方がよろしい。パッキンが切れたり、ふたのアルミが錆びてきたら丸ごと買い換えればよいだろう。

| | コメント (0)

食べられない干し柿

hosigakiお正月の飾りに使う干し柿(串柿)をそろそろ食べようかと思ったら、なんと、食品として作っていないから食べ物ではないと書いてあるではないの。なんと食べられない干し柿だったのか・・・。それなら何も本物で作らなくてもサトウの飾り餅のようにプラスチックで良いではないの。おそらく衛生上今時の食品の基準としては問題があるのでしょう。しかしそもそも昔の干し柿、干し芋なんて、そんなものかも。わらやゴミなら良いが、変な殺虫剤や消毒液や防腐剤がついているとなると、やはり食べるには勇気がいるか。しかし中国製のそれよりももしかしたら安全かも知れないし。いやはや買うときによく見て買わないと。昆布や柿も餅と共に鏡開きで食べてこそ新年の祝いを締めくくれるというものでは・・・。なんとエコでないいけていない一品であることか。

| | コメント (0)

電波時計

denpaclk
愛用のカシオの安物の目覚ましが不調になってきた。たまに目覚ましが鳴らないのである。これは危険であり、新しいのを物色しに行った。今や時計はすべて電波時計。ある意味自立運行は適当でも、電波がきていれば正確であるという他力本願な時計であるか。メカの時計がかっきり秒針まで時報に合っていると感心するが、電波時計ならあたりまえか。しかし、40KHzとか60KHzという、まだ音波に近いのではという周波数の電磁波が電波として飛んでくると言うのも感心するが、時計電波の送信設備は、もっとも日本に誇る過剰品質というか無用の長物というと怒られるだろうが、パチンコ玉に真球を求めるような、日本人らしいある意味無駄な設備の一つと言えるだろう。ペストXのTVCMではないが、ULマークが付いているからネズミ駆除能力の性能がULによって保証されているのだといういい加減なうたい文句も消えて久しいが、10万年に1秒しか狂わないと言ううたい文句も、そもそも時計がせいぜい10年しか持たないだろうし、他力本願率の高い自立走行不安定症な適当な電波時計は、この前のように送信が故障で止まると、あれあれという間に何分も狂うのかも。だいたい10万年も今の文明が続いているのか。そもそものこの送信所の用途は何なのだろう。テレビがデジタル化されると、デジタル処理の遅延は避けられないから時報のタイムラグが機種によって異なってくるか。左上のテレビの時計スーパーもどうするのだろうか。秒まで合わないのでは? そうなると、テレビ独自に正確な時間を持っておいてローカルで時報処理をするべきなのか。それに使うのかと思ってもそうは問屋が卸さないか。テレビの垂直同期の強大なノイズと電波時計は共存できないだろう。そのうち外部電波時計アンテナみたいなバーコイルを外にひっつけるテレビが登場するか?CRTでなく液晶テレビなら何とかなるのだろうか。時報だけはデジタルディレイが出ないようにするべきなのか、衛星波に比べたら大したことはないし、今でもHDビデオなんかを経由してみている場合は秒まではずれているし、気にしなくても支障ないのか。それなら、電波時計ほど正確に合っている時計の存在価値はないし、単に時計あわせが不要であるという、ありがちな人間を退化させるずぼら思考のシステムなのか・・・。それはさておき、初期の電波時計は結構大きなバーコイルが入っていたが、最近は腕時計でさえ電波時計になっており、どうやってこんな長波を受けているのだろう。FMラジオがすべてデジタル処理でワンチップになったように、信号処理で解決しているのだろうか? とても感心する次第である。
さて、なにやら一つ目の教祖様を彷彿させる姿ながら、LEDのバックライト照明なんかもついており、ベルがメカ式であるところが、よろしいか。針式の電波時計がどうやって合うのかと思っていたら、電子式腕時計と同じで早周りして現在時刻で止まるようになっている。目覚まし時計にはボタン類が突出していないことが肝心である。ものがあたって切れてしまうようなスイッチになっているといつの間にか切れいていてどきっとすることがある。前にかいたかも知れないがSEIK○の置き時計が周囲にいっぱいボタンが出ていて、何かあたるとしゃべり出すとてもいけていない構造であった。ややベルの音の高域が不足していて刺激が足りない気もするが、脳髄に響く電子音ベルよりは精神的に優しいといえるか。パブロフの時計タイプの人は目覚ましの音に驚いてすぐに消してしまって寝てしまってあららということになるが、スヌーズ機能が付いていて、アラーム自体を消すスイッチが片手ではやりにくくできているところが、心憎い親切な設計といえるだろうか。いやそれにしても、1秒の正確さを争ってどうするのか。1分、1時間いや1年の誤差などどうでもいいよというようなのんきな生活をしてみたいものである。

| | コメント (0)

お皿作戦

osara今回のJの景品は、人気のなくなったコールマンシリーズとぺらぺらケットが不人気だったのか、コップセットに続いてせともの路線というかお皿になった。せとものではなく毎年パンでもらえるガラスのお皿の大きいバージョンだった。(ブランドはちょっと違う)1枚かと思ったら2枚パックしてあって、まあまあいい感じで実用的だ。この前のコップは小さくて3つしかないしこれならだいそーで買えるコップのグレードから考えると、3つで150円くらいの感じだったが、今回ようやく500円クラスに戻ったかという感じか。しかしいったい何セット用意しているのだろうか。客寄せとはいえ結構な資金が必要で、ある意味感謝しなければいけないか。。変な景品の時は景品切れしそうな間際に行って500ポイントもらった方が得かと思うが、そう言う景品はなくならないので難しいところだ。でもヤマダだと4回行かないと400ポイントにならないので、1度にもらえることを思えば効率的良心的であるか。 適当に内蔵ストロボで写真撮ったらレンズがかぶって影ができてますね。
(追記:もしかするとコップははるやまでもらったのかも)

| | コメント (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »