« インバーター | トップページ | お皿作戦 »

畳スペースの干渉

kanshou
この工作自体はもう半年ほど前の話なのですが、忘れていたので登場です。畳スペースを作ってみたのはよいものの、このコンセントのスペースがもったいない。重ねてしまうと死んでしまって使えません。そこで穴を開けて中継することにしました。白松とはいえ結構手作業では穴あけは大変。一発で大きさが合えばよいのですが、ちょっと小さめに控えめに開けたら微妙に小さくてがりがり広げる羽目に。穴あけは思い切りが必要ですね。アンテナとコンセントを引っ張ってきて延ばそうというたくらみです。
anaake
畳スペースの穴を経由して畳スペースの箱の側面に付けたコンセントとアンテナに中継しています。これで無駄なスペースがなくなった上に、コンセントも有効活用ですか。なお、この畳スペースは底はありません。この対角の部分は51mmのコーススレッド4本だけで角の補強なしですが、補強は2カ所だけでも全然大丈夫でした。さいころを歪ませる方向には力がかからないので問題ないです。
kaiketu最近来たディノスのカタログに似たのが載ってますね。去年のカタログからはちょっとヒントをもらいましたが、ディノスのは何となくちゃっちいですな。
そんなわけで、畳スペースは寝室と化して現在進化は止まってます。ふたにヒンジを付けようかと思いつつも、はみ出る幅が足りないので、最近の扉に良く付いているような、内側に引っ込みつつ開くタイプのちょうつがいの垂直版がないとうまく開きませんね。

|

« インバーター | トップページ | お皿作戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インバーター | トップページ | お皿作戦 »