« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

ポイントネットワーク

leicaヨドバシに行くと置いてある無料のカタログ雑誌だが、これが結構おもしろい。ジャパネットのカタログに比べても見応えがある。スタパの記事も悪くないが、このライカのシリーズがなかなかではないか。やはりもともとなにわもさくらやもびっぐもよどばしもカメラ屋なのだから、カメラにこだわった記事が欲しい。そう言う意味でも存在価値があり、おもしろい記事でもあるので気に入っていつも読んでいる。ジャパネットは郵送してくれるが、こちらは送ってくれないのかな。ポイント使いに行くには店に行くしかないのか。通販ではどうして長期保証ができないの? お店でカードで買うとポイント少ないからお店に見に行って家帰って通販で注文か・・・。

| | コメント (0)

яセットのパンの箱

rusetpanこれは某ブルジョアなパンの箱である。以前そのいけていないデザインと箱としての機能を果たしていない小学生の工作のようなしかも金属の鋲を紙の箱に付けるという今時エコでない箱を評したが、ようやく改良されて普通の箱になった。でも一ついけていないのが印刷のインクの臭いが強烈で、せっかくのパンの香りを害していることだ。サンマルクのインク臭びんびんのランチョンシートもえぐい臭いだが、良質の素材を生かしたパンが箱のインクの臭いで損なわれているのは残念だ。VOCアレルギーの人なら目が腫れてきそうな臭いだ。 食品の箱なのだから、できれば紙のままの素地で、エンボスでロゴを打てばよいのではないか。 ケナフだったら受けるかも知れない。 さて、中身のシナモンパンはお値段を聞かなければとても美味である。バニラパンもおいしかった。一気食いするには太っ腹とやや勇気がいるところ。ケーキだと思えば良いか。 しかしなんとか01というのはノーコメントである。やはり庶民にはヤマザキのブランデーケーキの方が合っているようである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AIWAのモデム

aiwamdmあいかわらず古い住所に送りつけてくるカタログがあって、住所変更しようと思ったところがFAXでないと受け付けてくれないので、特に普段は何ら必要としていないこともあって、我が家にはFAXがないので、こういうときにはパソで送っている。しかしその相手先がどうしてもPCIにささっているdiamondのSupraMAX56iとリンクしてくれないFAX機で、いろいろ設定を変えてやってみたが全然ダメで、仕方なく昔のAIWAのモデムを引っ張り出してきてつなごうとした。ところが困ったことに、最近モデムなんて使わないから、だいたいダイアルアップなんて久しくしていないし、なんと、9-25のモデムに使える線が見つからない。さんざん探したあげく、9オス-9メスの線と9S-25Sの変換アダプタと、25-25のgenderchengerを数珠繋ぎにしてようやくつなげた。しかし今度は相手のインフォメーションまで読むところまではつながるがHDLC送信タイムアウトで切れてしまう。LANと一緒に線を引き回しているからノイズが乗っているのかと思って、スカパーや自動転換器も取ってみて直つなぎもしてみたが、しかしADSLはしていないラインであるしそんなスピードを落とした9600ごときのリンクができないほどノイズってもいないだろうしと03局なのに20回くらいいろいろやってみたけど一緒だった。最後にこれはどうかと超高解像度固定で送ってみたら、なんとつながった。なんと相性の悪いことか。いわゆる最近の留守電FAX機なら普通に送れたのだろうか。なんとも未だかつてなく時間のかかった住所変更だった。
ところできっこさんブログぶっ飛んでますね。この際、ここまで来たら徹底的に解明してもらわないとどれだけ水面下に氷山が隠れていることか。新金の壁式構造の公団に鉄筋を貫通してエアコンの穴を開けたというのもなんとまたお粗末ですね。開けてて気がつかんのかねという気がしますね。1本切れたくらいでどれくらい弱くなるのか知りませんがまだしかし直しようもあるのではないでしょうか。いやしかし、公正な判断をする機関が株式会社というのがまずダメでしょう。普通は社団法人かなんかになるのでしょうが、天下り先で金儲けするにはそれでは融通が利かなかったのでしょうね。まあなんというか、どっかの友好協会にお金払ってはんこ押してもらうだけのパスポートのビザの印と同じと言うことですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

USBの電池ボックス

usbbatbxこれはまた何に使うのか悩むが、いわゆる携帯の電池式充電器みたいなものだろうか。電池で電池を充電すると言えば、とてもエコでない使い捨て006P入り携帯充電器もさることながら、むかしちょろサイズのおもちゃのレーシングカーにスーパーキャパシタを積んでいて、スタンド型の単一を入れたチャージャーでボタンを押してチャージしてスパコンに持っている分だけを一気に走りきってきてまたチャージするというやつを思い出した。あれは、その作業とシステムが、チャージしてその分だけ走らせるというまさに電気自動車のシステムを再現していて、うまく考えてあるなと思ったのを覚えている。そしてこれが何に使えるかだが、電源だけ取るタイプのUSB扇風機とかランプに使えるか? 電池でシリコンオーディオを充電しても意味ないか。ストロボとかビデオライトの外部電源みたいな使い方か。おもしろいので買ってみたけどこれと言った用途がないですね。やはりニッケル水素の単3を4本入れておいて、携帯のUSB充電ケーブルで携帯を充電するか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にんじん

ninjin芽が出てほってあったにんじんの苗を底の浅い鉢に無理矢理植えておいたら、根付いていつの間にか結構大きくなっていた。底に着いてしまって伸びられなかったのか、なんか変な形である。下に伸びられずに上に飛び出してしまった部分は日に当たって硬くなっているが、下の部分は形は悪いが食べてみたらにんじんの味はちゃんとしていた。もうちょっと今度は深い鉢に植えてあげよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メディアリーダー

medirder
最近はUSB2でも1000円しない値段でメディアリーダーが売っていてありがたい限りだが、これも中身は同じと思われる各社仕様がたくさんある中の一つと思われるが、ちょうど1000円くらいで売っていたものである。USB1.1の遅いCFリーダーから入れ替えてみてあまりに速いのですっかりこちらしか使わなくなってしまったが、このリーダー寒いと動いてくれない。カーステのリモコンとか冷えているとセラロックの周波数がずれているのだろうと思うが、暖めないと動かないものがあったりするが、これもクロックがずれているのかどうなっているのか解らないが、冷えていると認識しない。もしかすると途中のHUBの問題かも知れないが、他のものがイニシャライズされているので、やはりこれの問題かと思っている。
medirde2中身は大量生産しているだろう割には、と言うかそのおかげであるかも知れないがわりとすっきり綺麗に実装もされている。NeoDioというchipがついてる。どっかで聞いたような名前であるが・・・。台湾チップには結構作った人の趣味と思われるような名前の付いたものが多い。
まあ、暖まると動くのでだまして使おうかという部類のチープなアイテムですかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪堺電車

hankaisen実は阪堺電車には始めて乗った。聖地から出ているのは知っていたが、大和川の頼りない鉄橋を渡るのを乗ってみたかったが、引っ越してから終点が結構近所であることは知っていたがなかなか乗るチャンスがなかった。ふと見ると目の前に浜寺駅前と書いてあるちんが止まっている。これは乗ってみようと言うことで乗ってみた。てい子さんのカラオケ電車ではないがえらい時間がかかるのかと思っていたら、結構こまめに走っていってそんなにしんきくさいこともなかった。夜だったので景色があまり見えなかったのが残念。今度は是非昼間に乗ってみよう。いや、これは、まさに京都の市電を思い出す。車両の走行性能が良くなっているので振り子みたいにゆれたりしないが、雰囲気はやはり市電だ。残念なのはこんな電車でもワンスロットルになっており、マスコンとブレーキでがちゃがちゃシューシュー運転できないところか。この手の電車はやはりブレーキとマスコンで運転テクニックを生かして走らせて欲しいものだ。(河原町線のテープをCDに焼こうと思いつつまだやっていないのを思い出した。)そんなわけで端から端まで乗ってみて290円で結構楽しかった阪堺電車でした。次回は運転席の横の席に座って昼間に全線景色を楽しもうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EOS修理に・・・

canoumedaフイルムカメラを修理に出した。お店に出すのであれば、土日もOKだが、メーカーに出すには平日でないとやっていない。かろうじて土曜にやってくれているのが唯一の救いか・・・・。サービスセンターなんかはなんとしても年中無休でやって欲しいものだが採算が合わないのだろう。最近の家電は修理と言っても新品の価格が安いから保証期間内の修理などは現品の交換であったりする。修理代があんまり高いと、1万や2万の製品を治していてはもう1台買えてしまうから、お互いに交換の方が効率的である。フイルムカメラなんて今時安いし、程度の良い中古も安いのでまあ1.5万以下かなと思っているが、そこまではかからないようである。気が付けばすでに10年くらいたっているようだ。今のデジカメごとく、半年1年周期で新型が出ていたから、すぐに生産中止になって、パーツの保有期間10年はすでに過ぎているのだろうか。10年たつといくら程度の良い中古でも、スポンジ類が腐っていそうだから、やはり直してもらった方が確実だろう。いやしかし、10年前のフイルムカメラの完成度の高さはすばらしい。ちょうどEFマウントが浸透してUSMが出てきた頃だったのではないかと思うが、今でも何ら遜色なく動作する。AFも今とそれほど違いが解らない。ネガ(やスライド)が残るということに意味があるときは、未だ捨てがたいだろう。しかしデジカメで撮ると暗い部分のラティチュードと情報の多さが格段にフィルムに勝っているので、ネガで明るめに撮って焼くとき補正してもらおうと言うのとは逆の撮り方が必要か。明るく飛んでいるところは全く情報がなくなっているので、デジカメの場合は暗めに撮ってあとでガンマをいじる方が失敗がないかな。カメラにもよるだろうけれども、200万画素のオリンパスなんかはCCDが初期のものゆえ大きいからだろうか、とてもローノイズで、かなり暗くてもノイズが見えない。CMOSはこれまた驚異でISO800は完全実用域である。ストロボがなくてもある程度のシャッタースピードになるので手持ちで結構写る。ある程度明るければ1600でも平気だ。こうなると、フイルムよりも完全に優位である。昔に比べれば遙かに粒子は細かくなったとはいえ、やはりISO400だと35mmでは大のばしすると粒子が見える。最近は800とか1600の超高感度ネガフィルムも売っているが、どんななんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジカメプリントその2

poin3それはそうと、最近結婚式があったので、写真を撮って今度は10円のデジカメプリントに出してみた。10円ならとりあえず全部焼いてもらってみくらべようみたいな、インデックス感覚である。KODAKペーパーでちゃんとそれなりに補正して焼いてくれており、結構いけている。10円ならまったくもってプリンターで印刷している場合ではない。なかなか、キタムラなんかは便利なのだが35円もすると比べてしまうと出せなくなる。200枚も出すと7000円にもなるが、10円なら2000円だ。なぜか滋賀県は10円がはやっているのか、FCしているようで同じシステムの10円プリントがたくさんある。まあ今となっては、メール便もほとんど翌日届くし、ネットでつながれば立地の条件はどうと言うことはない。というわけでまたまた追加で発注してしまった。デジカメは当初35万画素では、やはりちゃんと撮るには35mmで撮ってプリントしてと、近所の本屋のDPEをよく使っていたが、100万画素くらいからはそれなりに写真としてみられるようになったものの、パソで鑑賞するようになり、パソで見るのがそれも便利かと思っていたが、プリントがないのも寂しいところだった。そうこうしているうちにプリンタがどんどん写真画質になって、とても綺麗に印刷できるようになり置いておきたいのは印刷してみていたが、結構1年くらいで色あせており、インクが高い割には何だかなぁと言う感を持っていた。そうこうしているとDPE屋も死活問題となりデジカメプリントを前面に出してきたものの、高価でなかなか足を運べなかったのだが、世はネット時代。CD1枚分あろうと、ちょろちょろと転送すれば、翌日には戻ってくるとはこれ如何に。なんとよろしい時代か。そして、写真のプリントは復活し、またまたアルバムにためて楽しむ時代であるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BP-512

bp512ソフに中古で1980円で売っていたが、新品のようである。店員さんは中古だと言っていたが、使ったあとがないので古い在庫の処分なのかも知れない。リチウムだからそうそう未使用なら短命ではないだろうし、同じ接点でいくつかサイズがあるが、容量が少々小さくてもバックアップのバッテリーとしては充分役立つだろう。この種のは模造品が出回っているので、パッケージにしてもよく見て買わないといけない。最近通販でとても安く各社互換品を売っているところがあるが、話によれば普通に使えるようで、それは模倣品と言ってもれっきとしたセカンドソースとして売っているようであるからして一度買ってみたい気はしている。
いやしかし、耐震偽造だなんて、韓○や中近東ではないのだから、そんなことをする有資格者がいるなんてまさに驚きとしか言いようがありませんね。ばれないとでも思っていたのでしょうか。そんな基礎構造で格安にされては元も子もない。骨格だけはちゃんと作ってもらって、設備はほどほど、装備品は中くらい、内装はある程度適当の方がよほどましですかね。(うちのことです・・・)内装なんかどうにでもなりますが、鉄筋コンクリートの骨格なんてそうそう直せませんわな。解体すると言っても、骨が少ないと言っても鉄筋コンクリート造を崩すのはこれまた作る以上に大変ですね。近所迷惑も甚だしい。日本の密集地でダイナマイトでなんて無理でしょうし・・・。鉄筋コンクリートはせいぜい7階くらいまでかと思ってましたが11階とかでもコンクリート蔵があるのですね。1Fにかかる重量を思うと、たしかに心許ない。まだ床の沈んでくる茨木の方がましですか。もし床だけなら・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変なガスストーブ

tigasstbまたまたジョーシンから粗品のDMが来たのでつられて行ってみたら、変なガスストーブが処分価格で売っていたのでつい買ってしまった。9800円だった。最近は内税なのでまさに9800円だった。だいぶん前に登場しているずんぐりタイプは、実家へのお下がりとなった。最近のマンションはオール電化だったり、ガスが来ていても湯沸かし器とコンロ以外ガス栓がなかったりするが、それゆえ、パロマのコンロにはパネルに分岐口が付いているのがあったりしてなるほどと思ったりしたが、うちはオプションで頼んでおいたので、ガス栓がある。いやしかし、マンションは人が住んでいるとコンクリート自体が蓄熱しているのか、案外あったかく、あまり強力な暖房はいらないような気もするが、しかしとても寒いときは即暖のガスストーブは心強いものだ。ずんぐりタイプを実家にあげたら、あれもかわいくて気に入っていたのにと、嫌みを言われたりもしたが、2つあっても仕方ないし、どうしてもというなら、鈍器に9800円で売っていたので、ヤマダの14800円よりも安いかなということで少し気になったが、やはり2つは無駄だろう。一軒家は、やはり寒い特に中途半端に古い建て方の家は断熱材なんかがあまり入っていないから寒い。石油ストーブもランニングは安いのかも知れないが、給油がじゃまくさいのと臭いが絶えられない。しかし元祖石油ストーブはヤカンを上に置けてお餅が焼けるというすばらしい機能が捨てがたいが、今年は石油がじゃまくさいと言っているので実家はガスで過ごしてもらおう。誰に吹き込まれたのか、今年は石油が高いから電気の方が安いと言って、いわゆる800Wの電熱電気ストーブを出してきていたが、それは電気食い過ぎの割には全然暖かくないだろう。電気で安いのはやはりヒーポンエアコンの暖房でないと比較にならないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オクラの種

okuranotane摘まずにほっておいたらさやがはじけてきた。開けてみたら見事な種が出てきた。しかもたくさん入っていること・・・・。来年植えるのにとっておこう・・・・。実はたくさんのさやがほってあるのでこのままではいっぱい採れることになる。 来年芽を出したら、苗を配りますか・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »