« オクラの種 | トップページ | BP-512 »

変なガスストーブ

tigasstbまたまたジョーシンから粗品のDMが来たのでつられて行ってみたら、変なガスストーブが処分価格で売っていたのでつい買ってしまった。9800円だった。最近は内税なのでまさに9800円だった。だいぶん前に登場しているずんぐりタイプは、実家へのお下がりとなった。最近のマンションはオール電化だったり、ガスが来ていても湯沸かし器とコンロ以外ガス栓がなかったりするが、それゆえ、パロマのコンロにはパネルに分岐口が付いているのがあったりしてなるほどと思ったりしたが、うちはオプションで頼んでおいたので、ガス栓がある。いやしかし、マンションは人が住んでいるとコンクリート自体が蓄熱しているのか、案外あったかく、あまり強力な暖房はいらないような気もするが、しかしとても寒いときは即暖のガスストーブは心強いものだ。ずんぐりタイプを実家にあげたら、あれもかわいくて気に入っていたのにと、嫌みを言われたりもしたが、2つあっても仕方ないし、どうしてもというなら、鈍器に9800円で売っていたので、ヤマダの14800円よりも安いかなということで少し気になったが、やはり2つは無駄だろう。一軒家は、やはり寒い特に中途半端に古い建て方の家は断熱材なんかがあまり入っていないから寒い。石油ストーブもランニングは安いのかも知れないが、給油がじゃまくさいのと臭いが絶えられない。しかし元祖石油ストーブはヤカンを上に置けてお餅が焼けるというすばらしい機能が捨てがたいが、今年は石油がじゃまくさいと言っているので実家はガスで過ごしてもらおう。誰に吹き込まれたのか、今年は石油が高いから電気の方が安いと言って、いわゆる800Wの電熱電気ストーブを出してきていたが、それは電気食い過ぎの割には全然暖かくないだろう。電気で安いのはやはりヒーポンエアコンの暖房でないと比較にならないだろう。

|

« オクラの種 | トップページ | BP-512 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 変なガスストーブ:

« オクラの種 | トップページ | BP-512 »