« 畳スペースその3 | トップページ | マルチパワーステーション続き »

ケーブルジャンクのJとニノミヤの行く末

sonycblちょこっと聖地に行ったところ、ジョーシンでジャンク扱いのSONYのケーブルを売っていたのでつい買ってしまった。電話関係は100円、USBは200円だった。でも全部で400円だった。USBはこの前ダイソーで買ったやつと同じタイプで、こんなのが出るのならこちらを買うべきだった。ちびのUSBは甘くなってくるので、予備も必要だろう。かといって線側を強くすると、本体側が削れるので線側はある程度柔らかく作っておいてもらわないといけない。架線とパンタグラフのような関係であるか。そして、隣のニノミヤ。何やら開店していたがこれはダメだろう。店内が閉店間近のマツヤデンキみたいだ。人がいない。唯一ありがたかったのは5Fのパーツshopが健在だったこと。そして人もいた。秋葉のラジオ会館ではないが、5Fだけ残してあとはフィギア屋さんに貸せばよいのではないか。少なくとも2Fから4Fは無駄だろう。本店は入らなかったが、同じような感じだとすると、先行きは長くなかろう。もっと特化した何かがないと誰も来ないだろう。もうすぐ開店する某YMのことを考えると、どうなることやらという感じだ。まあ某YMも場所がいまいちだが、梅田のYのように交差点を渡ってまで人が流れてくるのかどうか。それは謎である。駐車場をただにしてくれたらみんな行くだろうけれども。

|

« 畳スペースその3 | トップページ | マルチパワーステーション続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケーブルジャンクのJとニノミヤの行く末:

« 畳スペースその3 | トップページ | マルチパワーステーション続き »