« デジカメプリント | トップページ | ケーブルジャンクのJとニノミヤの行く末 »

畳スペースその3

kadoawaseその3だったかどうだったか忘れてしまったが、畳スペース工作の話。いくらか時間が経ってしまったが、板を買ってきて、組み立てているところ。DIY用の角あわせの道具が結構役に立った。1つ600円くらいだった。これで直角を出しつつとめてある。とめるのは51mmのコーススレッド4本と木工用ボンドである。コーススレッドは全ねじが51までしかなかったので51mmにしてある。板厚は18mmなので、まあ30mmほど食い込んでいる。もちろん割れるので下穴を開けて、サラもみもして締めている。本当は4角とも余りの破片で補強するつもりをしていたが、対角2辺でも結構しっかりしているので、手抜きで2カ所にしている。この2カ所は直角に交差して4本締まっているので充分しっかりしている。
sikaku後ろに見えるのは1980円のワークベンチ。なんと、台湾製らしく、可動部の台は竹でできている。若干ガタがあるのと、補強バーがあまりにか弱いのがいまいちだが、値段からすればその価値はあり、これがあると作業効率が格段に良くなる。まあ、マンションでこんなことするには下の階への振動を気にしないといけないが、まあ昼間に1時間2時間くらいは文句言われないだろう。
そんなわけで、L字型に作った部品をさらに合体させて四角の枠にしたところ。実は現状このまま並べて上に18mmの合板を置いて、さらに簡易畳を乗せているだけであったりする。

|

« デジカメプリント | トップページ | ケーブルジャンクのJとニノミヤの行く末 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 畳スペースその3:

« デジカメプリント | トップページ | ケーブルジャンクのJとニノミヤの行く末 »