« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

畳スペースその4

kiwaku実はまだ、ドア付近の変形部分のところがほったらかしで、ちょうど高さがあっていたコンテナケースを置いてごまかしていたりする。とりあえず使えているのでそのうちやろうと思いつつ、往々にしてそう言う場合はなかなか完成しなかったりする。さて、これは角組をした部品の状態。実はこれは奥様が昼間に、いつもの癖で興味を示して自ら工作されたもの。
kiwaku2角はこんな風にしてある。組み継ぎなんかにしたいところだが、これはまたまた手作業では時間がかかってなかなか完成しないことになってしまうので、今風の家具としてはねじと木工用ボンドで妥協しても工作と、実用性としては何ら問題ないだろう。あまり安っぽくならないように、ねじはステンのねじを使って、見栄え良く組み立てている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

色づく季節

pscirozk夜が長くなってくると、ポインセチアが色づいてきた。ちょっとトリミングをさぼっていたら、変な形になってしまったが、妥協しよう。押し入れに入れなくても赤くなりそうである。この鉢は根っこでいっぱいでほとんど土がないがそれでもどんどん芽と葉が出てくる。すごい生命力である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超廃価版ミニルーター

minirotrBOSCHのビットを買ったときに思い出して書いていたが、ルーターのビットセットがまた売っていたので買ってみた。1099円だった。ふたを開けると何やら田舎の臭いがする。しかもこれはビットだけではなく、ルーター自体がついている。充電用のACアダプターもついている。ダイヤの粉末が先に付けてあるビットが20本、砥石がついているのが10本、ワイヤーブラシ大小、ドリル4本、砥石1,バフ大小x2、紙ヤスリロール大小、径のアダプタ4つ、その他なんか解らないアダプタ数個がついている。ルーター自体は、3.6Vのニッカド内蔵で10000RPMと書いてあり、思ったよりは早く回るが、トルクは全くない。ゆえにドリル的には余り役に立たないかも知れない。回転力を落とさないように力加減して、ガラエポの基板の穴くらいはいけるかも。しかしこれだけ揃っていると、ちょっとピンセットに名前を彫るのにとか使いたいときには重宝しますね。1度使ってビットが欠けたとしてもこの値段だと文句を言う気もしない。よくあるプロクソンのビット1本の値段より安いかも知れない。ビットに高級感は全くないが、ルーター本体は思ったよりはしっかりしている。昔買ったサンハヤトのミニドリルは15000円くらいしたが、しかも内蔵のポジスターがいまいちですぐに回転しなくなるしと言うのも思い出したが、いやはやこんな値段で作れるのですかね。ちらっと見るとまあまあ1500円くらいで通販もしているようです。しかし高級な通販誌に載っているのはたぶん同じものでしょうが、5000円くらいになってましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いけてないスカパーガイドと...

skapaguide最近というかいつの頃からか、スカパーから番組表を送ってこなくなった。というよりガイドから番組表がなくなった。以前は簡単ながらついていたので、それを見て結構番組自体も見ていたのだが、最近載っていないのでわざわざガイドを買う気もしないしネチでみるのも面倒だしというわけで、そう言う人も多いのではないか? いくらペーパーレスと言いつつも、NHKやないのだから、明細も番組表も送ってこいよと言うところである。もっとも、ガイドだけでも送ってくるだけましではある。定額内ではどうでもいいのだろうけれども、見る人が減ってしまったのではないか。番組表はやはり時刻表と同じで一覧が見られることが大切である。インターネットの時刻表も見たいのはあの新幹線の蛇腹時刻表であり、時刻や号数を入れて検索して一つ出てきても何の役にも立たない。全体が見渡したいのだ。時刻表検索サイトもだいぶん改善されたが、以前は大元の東海でさえ検索はできるがその前後が解らないので全く使えない時刻表だった。それなら昔のどこぞのバスの時刻表のように、蛇腹をスキャンして貼っておいてくれた方がよほど役に立つ。番組表も同じ要望が大きいだろう。左右前後が見えてこそありがたい。
NHKもうだつの上がらないわけのわからない予算会議をしているより(視聴率は大河ドラマより良いのか?)、電波を止めてケーブルテレビやスカパーの配下での配信を進めれば良いではないか。見たい人が見る。見たくない人に強要する権利はない。必要としていない無駄な電波を出さない。ありとあらゆる受信装置が普及しきっている中、受像器の設置に対する課金という時代錯誤な方式は換えざるを得ないだろう。民事手続きによる催促とのたまうからには、有志は対抗する訴訟を始めるかも知れない。新生プランとは、何が新しいのだろう。今までやっていなかったという自らの告白なのか、あたりまえのことを持ってして何を新生というのか。努力なくしてあたりまえのように存在する予算への甘えであろう。世の中は価格破壊が進んでいるが、予算枠という思考の団体には節約するという意識はない。品質という理由のもと必要なだけ使ってしまう。二人ですむ取材もいてもいなくても変わらない金魚の糞が10人ついていく。価値観からはずれた受信料設定を、昨今相当額に変更すれば払う人も増えるかも知れない。月額400円が妥当だろう。それぐらいの価値は認めよう。それ以上の価値は感じないから払えない。もちろん番組ガイドを郵送すること。見てもらおうというのならあたりまえのことである。
そんなわけで、スカパーの番組ガイドの復活を願う今日この頃である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

割引クポーン

docoupon2
ピッチをFOAMかMOVAに買えませんかというお誘い・・・・。
9末までと思っていたらさらに6ヶ月先までのを送ってきました。なんじゃそら。スピードは速いが料金からすると非常に微妙な選択ですね。FOMAに換えてしばらくして解約するかと思っても、結局は無駄か。それならb-mobileの50時間パッケージでも買えば基本料金がいらないか・・・。てな感じですか。薄型P504iもそろそろヒンジの部分が怪しくなってきたので次機種も考えておかないと。電池はもらったものの、まだ当初の電池で使えています。3年も使えていますね。
そう言えば、コニカの19円プリントも10月○○までと言うので、プリントしておきたいのを50枚ほど出してみたら、さらに11月末まで19円だそうで、これまただまされました。しかし35円を19円に一度してしまったら、戻すと売れなくなるでしょうね。35円出すならキタムラに出してポケットアルバムと割引券もらうかと言うところですか。はがきサイズでも35円であるし・・・。
今思うとAPSサイズのアルバムはいけていないですね。Lサイズを入れると幅が余っている。昔の横にいろいろ書き込めるサイズのA4アルバムが結局は便利か。結局はAPSもインスタマチックやコダックディスクフィルムと同じ運命をたどったのか。35mmなら今時スキャンもできるし、APSとなるとアダプタがないと引っ張り出すのも一苦労だし、ばらすとプリントしてくれないだろうし・・・。IXYはフィルムのふたがさび付いて開かなくなってしまったし・・・。すでに腐敗してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばった

battaベランダでほうきの枝にとまっていたばったさん。どこで育っているのでしょうね。うちは7Fなのですが、いろんなものが飛んできます。隣は田んぼなので虫もいろいろいますわ。
全く関係ないですが、今、○のから騒ぎが始まりました。いやぁ、ケイトブッシュがよろしいですね。あの元祖なアルバムwhole storyでしたか、しか知らないですが、まだ活動しているようですね。某、○多さんがいつもこれをならしていたのを覚えています。
それはそうと、去年のmeet the worldのジャニスイアンはかわいそうでしたね。雷は鳴るは風はふくは、誰も聞いていないわ。当時は今井美樹ライクなイメージを持っていましたが、さすがにアメリカのおばさん風になっていましたが、声はそのままでよろしかったです。あじえんすのCMの曲は教授だろうと、だいぶん前に音楽図鑑のCDを出してきて聞いたことを書きましたが、最近クレジットが出てますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マルチパワーステーション続き

mps-sw景品でもらったマルチパワーステーションの続きである。窓際に置いておくと結構充電されていて、LEDランプが懐中電灯として使えているので、夜にベランダに出るときなどに重宝しているが、ランプを付ける電源スイッチが壊れてきた。戻らなくなってきてかちかちしなくなってきた。ゴムのカバーが付いていてどんなスイッチが入っているのかはまだ見ていないが、OFFにできなくなったらばらしてみよう。蛍光管とLEDとOFFを順繰りするようになっているので、一度さわるとどうしても数回のON/OFFをすることになるが、100~200回で壊れてしまうようである。
mps-head次にヘッドの部分がすぐに取れるようになってきた。少し回転して引っかかるような構造になっているが、緩くなってきてすぐに取れる。そして開いた中の作りはいかにも台湾、中国製のやっつけ構造。コイルにしてあるアンテナが位置決めもなくボンドで付けてあり、手書きの製造年月のような半分はがれかけたラベル。今にも切れそうな半田付けによるリード線。無理矢理通してあるLEDへの配線。隅まで充填されていない樹脂の内側、とってつけたようなラジオの基板などなど、いかにもなつくりであるが、おもちゃとしてはこんなものだろうか。
そういや電子ブロックの復刻版が最近売っているが、絵の具ケースのようなニス塗りの箱の中に、いろんな部品がセットしてあって、スプリングの端子に線を引っかけて配線するほうのやつ、あれを昔買ってもらって持っていたのを思い出した。印象としてはもっと大きな箱だったような気もするが、あれは相当いじりまくっていろいろ遊んでおもしろかったのを覚えている。最近のガキはゲームばっかりして、あんな創造力を育てるおもしろいおもちゃで遊んでいないのがかわいそうだ。復刻版でなく今どきのために売ったらよいのにと思うが、ハイテクなものが身近にあふれすぎていてあんなもの売れないだろうね。ワンチップボイスレコーダーとかMPEGエンコーダーとか液晶とかつけないと売れないか。それならパソの方が実用的か。ともかく原理を知らない粗品になれた悲しい世代が社会人としてすでに流出してきているところが結構問題であり悲しい現実ではないか。もしかすると、机上工学部出身の新人研修に結構使えるのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケーブルジャンクのJとニノミヤの行く末

sonycblちょこっと聖地に行ったところ、ジョーシンでジャンク扱いのSONYのケーブルを売っていたのでつい買ってしまった。電話関係は100円、USBは200円だった。でも全部で400円だった。USBはこの前ダイソーで買ったやつと同じタイプで、こんなのが出るのならこちらを買うべきだった。ちびのUSBは甘くなってくるので、予備も必要だろう。かといって線側を強くすると、本体側が削れるので線側はある程度柔らかく作っておいてもらわないといけない。架線とパンタグラフのような関係であるか。そして、隣のニノミヤ。何やら開店していたがこれはダメだろう。店内が閉店間近のマツヤデンキみたいだ。人がいない。唯一ありがたかったのは5Fのパーツshopが健在だったこと。そして人もいた。秋葉のラジオ会館ではないが、5Fだけ残してあとはフィギア屋さんに貸せばよいのではないか。少なくとも2Fから4Fは無駄だろう。本店は入らなかったが、同じような感じだとすると、先行きは長くなかろう。もっと特化した何かがないと誰も来ないだろう。もうすぐ開店する某YMのことを考えると、どうなることやらという感じだ。まあ某YMも場所がいまいちだが、梅田のYのように交差点を渡ってまで人が流れてくるのかどうか。それは謎である。駐車場をただにしてくれたらみんな行くだろうけれども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

畳スペースその3

kadoawaseその3だったかどうだったか忘れてしまったが、畳スペース工作の話。いくらか時間が経ってしまったが、板を買ってきて、組み立てているところ。DIY用の角あわせの道具が結構役に立った。1つ600円くらいだった。これで直角を出しつつとめてある。とめるのは51mmのコーススレッド4本と木工用ボンドである。コーススレッドは全ねじが51までしかなかったので51mmにしてある。板厚は18mmなので、まあ30mmほど食い込んでいる。もちろん割れるので下穴を開けて、サラもみもして締めている。本当は4角とも余りの破片で補強するつもりをしていたが、対角2辺でも結構しっかりしているので、手抜きで2カ所にしている。この2カ所は直角に交差して4本締まっているので充分しっかりしている。
sikaku後ろに見えるのは1980円のワークベンチ。なんと、台湾製らしく、可動部の台は竹でできている。若干ガタがあるのと、補強バーがあまりにか弱いのがいまいちだが、値段からすればその価値はあり、これがあると作業効率が格段に良くなる。まあ、マンションでこんなことするには下の階への振動を気にしないといけないが、まあ昼間に1時間2時間くらいは文句言われないだろう。
そんなわけで、L字型に作った部品をさらに合体させて四角の枠にしたところ。実は現状このまま並べて上に18mmの合板を置いて、さらに簡易畳を乗せているだけであったりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジカメプリント

sisohana2いやはや、このところ全然DPE屋さんを利用していないが、最近フイルムカメラなんかなかなか使い続けている人も少ないだろうに、DPE屋さんは成り立っているのかと思っていたら、いつの間にかデジカメプリントが普通にできるようになり、CDを作るのもたった500円ほどでやってくれるとは何とも良い時代か。昔コダックのCDを頼んだら4500円くらいしたような気がするのはいつのことか。インターネットの普及でDPE屋さんに持って行かなくても簡単にネットプリントできるのもありがたい時代だ。と言いつつ使ったことがなかったのだが、ちょっと19円のコニカのに出してみた。今ではネットプリントもいろいろあるようだが、値段も開きがあり、中では写真が売れますとか安心してデータを渡せないようなところまであるようだ。カード決済で夜中に送っておいたら、日付では次の日にはポストに来ていた。どんなプリントかと思ったら、フィルムのデジタル処理機と結局は同じなのですね。なかなか平均的にうまいこと綺麗に見えるように鮮やかに補正してプリントしてあり、これなら、ちまちま高いインクでプリンターで印刷するより安いかも。しかもはがきサイズでも同じ値段となると、プリンターのインク代と、褪色性を考えるとお得なのか? その後データーはどう処理されるのかが気になるが・・・。
写真は大葉の花。食べようかとも思ったが、ほってある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

錆びるステンレス物干し

monohosi
これはセキスイのふとん干し用の物干しの一部である。構造は良くできていて、使いやすいが、気になるのはプラスチック部分がいつまで割れずに持つのかと、ステンレスといいつつけっこう錆が浮いてくることである。ジャパンに売っている安いステンレス物干しなどは外側はステンだが内側が鉄の二重構造パイプで、中がすぐに錆びてくる。のばしっぱなしで封印していればどうということはないが、縮めたりのばしたりすると、中の錆が出てくる。これも、トランペットのように左右が伸びるのがうまくできているのだが、中に入る部分に錆がすぐ浮いてくる。ということは、中央部の収納されるパイプがやはり二重構造で内側が鉄で錆びていてそれをもらってくるのか、それともステンとはいえ、パイプに収納されて湿気っていると錆が出てくるのか。
nejisabiそしていけていないのがねじである。せっかくステンレス物干しと謳っているのだから、ねじもステンのを付けて欲しかった。ねじが錆びてしまってよだれを垂らしている。なんと言っても直射日光の紫外線の威力と、潮風の威力は絶大である。思えば、太陽の熱はどれほどの量があるのか。酸素を消費して排ガスを出しているという意味でのアイドリングストップは解るが、自動車の放出する熱がどれくらい温暖化に影響するかと言っても、太陽光の広大な面積への放射熱を考えると、そんな物びびたるものかと思ってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温度計

ondokei温度計を落としたら表示がおかしくなってしまった。一応、専門メーカーの製品ではあるのだが、開けてみると、いかにもという感じの中国製か・・・という感じ。リード線の半田づけや、樹脂の裏側の仕上げなど、けっこう仕上げは適当である。外観は一応それなりに綺麗にできている。昔は高かったが、最近はこんなでかい液晶でも2000円しないので、うちには温度計や湿度計がいっぱいある。
heatseal衝撃でひずんでしまってはがれたのか、液晶のフレキケーブルがはがれてしまっていて、一番下の桁しか表示が出ない。押さえると出るので、あて紙をしてはんだごてで上からなでて付けなおした。マイラのフレキだといきなりしごいても行けるが、ナイロンのは解けてしまうので低い温度でなでないとダメだ。一応修理完。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くり

kuri恵那峡のSAでわさび大福と、ブルーベリー大福を買ったら、おまけでもらった栗。これはでかくておいしかった。それにくらべて桂川に売っている栗は小さくてしょぼくて全然ダメだった。これはどうやってからに筋を入れてあるのだろう? 筋入れ器があるのだろう。
ところで、東海環状自動車道なんて言うのがいつの間にかできているのですね。まだまだ対面通行だったりして、遅い車がいると抜かせないので難儀ですが、小牧の辺が混んでいるときの別ルートとしては良いのかも。。toukaijun距離はやや遠回りですかね。豊田まで行けるとなると、遠回りして景色を見ながら行くには良いか? けっこう時間かかりそうだが・・・
JHがんばれ。これからはいらぬ高級素材は使わずに性能重視でローコストに作ることが大切だ。あきれる無意味な高級照明や、防音壁などいらない。 そう思い出した。あの摂津のあたりに数mおきにあるプロジェクター式のサイド照明は何がしたいのか。いかに高く作るかというお手本のような変な照明である。ドライバーにまぶしくないようにと言うことだろうが、LEDの目つぶし照明と矛盾しているし、もっと賢い方法があるだろうに。企業として成り立つにはあんなもの付けていては採算あわないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »