« 分岐水栓 | トップページ | ニュータイア »

PHSの行く末

docouponPHS端末をmovaかfomaに換えませんかというお誘い。fomaのカードはやや魅力的で、基本料金もデータープラスと大差ない。パケットモードだと384だそうだし、64Kの時間課金モードもある。PHSほど電波も弱くないからある程度動いていてもつながるのだろう。カード型1万円引きならほぼ無料で交換できるのか。しかしながらパルディオのデータープラスならそれでも1分10円なのに、なんとfomaは分60円もするとな。これでは使えない。パケットの方は下手な使い方するとどさっと付いてしまうだろう。パケホーダイも良く読むとimodeだけだそうなので、カードでは意味がない。あいかわらず504iが薄くて使いやすいので使っているが、もしfomaに換えたとしたら、線さえあれば本体で通信もできる。あえてカードが必要か??そうなるとやはりピッチカードかH”かいっそうのことb-mobileの方が、基本料金がいらなくて良いか? 町中で省エネとは真っ向から反抗するように増殖、林立して使われることなく電気を消費し続けて待機している電柱の基地局はいつまで続くのか。これを利用して構築された今どこサービスや自販機の自動データー収集はいずれ崩れ去るのか。セコムのココはnttパーソナルではなくてauだそうなのでこれはまだいけそうか。willコム回線のb-か、H”か・・・。これもいつまであるか解らないが、少なくともdocomoよりは長そうな気がする。割引券の期限は9月末。いっそうのことこの2万円引きで普通のfomaを買うかとも思ったが、継続年数割引も11月から変わるし、ファミリー割引の契約を組み直すのもこれまた面倒。悩むところである。

|

« 分岐水栓 | トップページ | ニュータイア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PHSの行く末:

« 分岐水栓 | トップページ | ニュータイア »