« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

かんな

kanna1荷物の中のどこかにあるのだが、どうしても見つからないので、もう一つ買ってしまった。ホームズで買ったが、コーナンの方が安かった。(つらつらである。) 前からあったのは、もしかしたら緑色の方だったかも知れない。このかんなは刃出しの調整がとてもやりやすく、使いやすい。昔はかんなの刃は角度保持器を使って砥石で研いでいたものだが、最近はカッターよろしく替え刃式なのでまあそれも良いのではないか。そういやカッターの刃をセットできるかんなもどこかに売っていたような気がする。
kanna2ちょこっと狭いところに使うにはこのちびかんなも良いのだが、david PAT.とかいてある割には、替え刃なのが特許なのかどうか解らないが、これは刃の位置調整がとてもうまくいかなく、いらいらしてくる。微妙な出方に合わせることが至難の業であるところからあまり実用的でない。唯一曲面側に刃をつけて、Rの内側を削るときには使えるだろう。
ぜんぜん関係ないが、kissNが値下がりしてきてるね。そろそろ買い時かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤毛のアン

cap002嫁がつたやで赤毛のアンのDVDを借りてきてくれた。ハウスだったかカルピス枠だったか、始めにやっていたときはほとんど見ていた気がする。結構楽しみにしていて、欠かさず見ていた。ゆえにほとんど覚えていた。この枠のシリーズとしては、内容が難しくて、おこちゃまには当時ぜんぜん受けていなかった。たしかに何がおもしろいのか解らなかっただろう。親が楽しみにして見ていたのではないかね。最近やっていた瑠璃の島にも通じるところがある感じだね。なかなか風景が綺麗だし、渡る世間とはちがうどろどろではない人間関係がおもしろいし、何よりしゃべり続けているアンの話がおもしろい。「そうさなぁ・・・」「アン!アン!」「きらめきの小径」「ボニー(鉢植えのお花の呼び名)」とかとうじ物まねをはやらしていた気もする。そう、ひさきちゃんとか元気にしているかね? 次はルーシーメイが見たいね。 
3枚目は1層なのでよいのだが、1,2枚目は2層ではないの。圧縮しないとダメか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

充電掃除機評

NHC72WD1
ハンディークリーナーの続きである。これは、思っていたよりもまともにできていて、プラスチックの質感も日本製と比べても遜色ないできである。パワーは7.2V1300mAhのニッカドを内蔵しており、音はうるさいがそれ相応の吸引力はある。音はこの手ものはそもそもこんな物だろう。ニッカドは交換できるようにもなっているが、まあ交換する頃にはその他の部分にガタが来ていることだろう。ニッカドの10時間充電なので、メモリー効果が出ないように、必ず使い切ってから充電するようにした方がよいだろう。電源スイッチが、押していないと動いていないようになっており、うるさい音と相まって、そうそう長時間連続に使うこともないので、一度満充電したら結構持っている。
カークリーナーみたいにシガレットプラグが付いているものは、音ばっかりうるさくて全く吸わないやつがあるが、それに比べたらまともである。500円玉が吸えるかどうかは微妙だが、水分を回避する吸引ルートになっているので、吸引力はそこまで強くないかも知れない。


NHC72WD2
充電はスタンドに立てるか、ACアダプターのDCプラグをおしりに差し込んで行うようになっているが、DCプラグがスタンドにはまるようになっており、スタンドにうまく立てて差し込めば、DCプラグも刺さるようになっている。うまくやらないと刺さらないので、何回の挿抜に耐えるのかは?である。スタンドにセットした状態では自立するが、単体では自立できない。これがちょっといけていない。
売り文句にはドライ&ウェットだそうで、水気も吸えるのだとか。普通の掃除機でもクーラーのフィンを吸ったら水ごと吸ってしまって掃除機のモーターが水没したりするが、吸い込み口の形状が工夫してあって、直接モーターのプロペラに入っていかないようにすることと、ゴミのたまる部分をゴムパッキンで密閉することで水気を吸えるようにしているようだ。まああまり吸うべきではないだろう。
NHC72WD4
ゴミのたまる部分は、ゴムのパッキンが付いていて、割としっかりはまっている。中には、ゴミのたまる部分を取り外すと、引っかかりが甘くなってしまって、これは使い捨てか、一回はずすとダメになるのかというような、カーグッズもあるが、これは大丈夫そうだ。吸引部の内側にはゴムの逆流弁が作ってあるが、ゴムの弾性べろべろタイプなので、これの復元力がなくなると、下に向けるとゴミが落ちることになる。上等な大きい掃除機だと、ちゃんとバネでぺろが作ってあるが、大型でもゴムベロだけのものも多いのでこれはこんなものなのかも知れない。


NHC72WD5
有名家電メーカー製でもどう見てもバランスの悪いハンディータイプがあるが、予想外に重くて持っていられないとか、モーターが強力なのはよいが、回転し始めの反動が大きくて手がねじれそうなやつとか、見た目の割にぜんぜん使いにくいものがあるが、ハンディはこれくらいの大きさが良いと思う。ちなみにこれは1.1Kgと書いてある。
どちらにせよ、ポイントの景品なので、良しとしよう。例のライトは仕上げが粗悪品の部類にはいるかと思うが、これは、良い方にはいると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時代遅れのATS

yuhi2いやしかし、関西のJRがATCでないというのは驚いた。それほど設備投資していないのだろうか。思えば山手線のテロがあったのはかれこれ20年くらい前か? 電線切られて動けなくなった山手線は、ATCで動いていたからだったのでは? すでに手動で動かせる時間とエリア管理の範疇を超えていたから、そうなっていたのかも知れないが、同じように短い間隔で運転している大阪エリアも当然ATCで集中管理しているのかと思ったら、未だにキンコンATSで止まるだけとはこれ如何に。関東のJRの電車はすでにだいぶん前から天井に衛星アンテナかGPSか何やら装備している。かなり古い東海道線の車両でも付いているが・・・・。関西のJRにはその影もない。どうしてこんなに差ができてしまったのだろう。営利だけに走らない、赤字累積の国鉄時代の方がその分余裕があったということか。国の電車はつぶれないから何でもやってまえみたいな。その方が良かったなんてこれまたいけていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ZIRCON

zircon300
電池切れのZIRCONが300円で売っていた。一つ大きいのは持っていたのだが、くやしいので買ってきた。M下のも5000円くらいするが、電線を見つけてくれるものは便利かも知れない。最近の家は思わぬところに水道やお湯のポリブデン管が通っていたりするので、気をつけてネジを締めないといけない。電気も危ないが水が漏れるのももっといけていない。だいたいどこを通っているか知っておくべきだろう。熱湯が出てくる継ぎ足しの給湯ができるタイプは、普通のお湯と熱湯と2本通っていて、それが意外にも天井裏を這っていたりするので要注意である。昔なら鉄管をいちいちネジ立てて配管したのだろうけれど、いまはホースを引き回して、継ぎ目もヒーター入りの継ぎ手で一発融着とはなんとべんりなことか。 で、梁の捜索としては結局センサーでもたたいてみた直感と大差ない場合も多く、最終的には針を刺すタイプのチェッカーがもっとも確実なのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

充電掃除機

judensoujikiこれまた、JCBのポイントでもらった景品である。こちらは箱が結構ぼろかったが、中は思っていたよりは質感の良いものだった。中には単2くらいのニッカドが入っており、ちこいACアダプターで半日かけて充電するタイプ。ゴミのたまるところはゴムのパッキンが付いていて、水気も吸引口を下にしていれば吸い込んでもモーターには行かずにうまく作ってある。まあ中身のはまたぼやこう。これはこれですぐ持って行ける掃除機がなかったので、結構使えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ささらん象の鼻

zonohana最近近くにコーナンPROができていて行ってみたらこれはまた頼もしいほどいろんなものが売っているのだが、丸のこのガイドが売っていたので買ってきた。松下の電工パーツもこれまたたくさん売っているのだが、残念ながらマルチメディア系はまだ形跡もない。愛三なんかはいち早くLANグッズを充実させていて良く買いに行ったものだが、なかなかホームセンターでは難しいだろう。ホームズにはjumboシリーズでTEL関係のものが一応並んでいるがLANのモジュラジャックはさすがに売っていない。ISDNの終端用でないを流用してもいいのだが、そもそもRJ45タイプのパーツはとても高いので、このところ出てきたM下のローコストタイプが売っていれば、これを買った方が安いようだ。通販すると送料がかかるので何かと便乗して買うしかないか。それでこのPROショップだがこれまた辺鄙なところにあり、見上げればそれは阪神高速の泉大津パーキングのビルではないの。行くぞと思わないと行けない場所なのでまだ寂れているが、一般shopの行く末が気になる。PROショップはまあこの場所でも結構安い値段で売っているので続くのではないか。
sasaranさて、それで、これはブラックアンドデッカーの家庭用(B&Dは全部家庭用だが)充電丸のこに付くだろうと思って買ってきたのだが、穴が小さくて入らなかった。なんということだ。ふつう丸のこはたいていどれでも付くぞ。おそらく専用の定規があるのだろうが、売っているのを見たことないので、どないしたものか。ベースの両端は少し削れば入りそうだが、ねじ穴のところがつらそうだ。定規の方を全長削るのもあほらしいし。これはこれで、普通の丸のこ用にするか。真剣にまっすぐ切るにはこんなものより横に板を固定してそれをガイドにした方が確実だから、ちょっと使う時用か。それより最近細かい工作をしようと思ってもなかなか場所がなく、ちゃんと工作するにはちょっとしたワークベンチがやはり欲しい。昔住んでいた家には部屋の作りつけの台に万力を止めてしまって工作台にしていたりしたが、最近は机はPC用になっていてちょっと木工工作には流用しづらい。2000円くらいで折りたたみ式の安直なのがよく売っているが、あれでもないよりはましかも知れないね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »