« ビューティフルドリーマー | トップページ | 5月病 »

耐震ラッチを付けよう

taisin3耐震というか、感震ラッチを食器棚に付けてみた。扉を受ける棒があるが、その棒には位置的にとりつかないので、角材をその棒の後ろに取り付けて、そこに付けてみた。マグネットキャッチは右にずらせた。吊り戸棚のように、この棒がない構造なら割と簡単に付くのだが、棒があると結構取り付けるのに時間がかかった。 最近このラッチを2つパックしたものが売っているが、びっくりする値段で売っている。ここぞとばかりに防災グッズは、言い値で売られておりそう言う法外なものは買わないようにしたいものだ。さて、効果のほどは?である。若干遊びのある位置に取り付けるようになっており、その数mmの距離では相当勢いをつけてもそれほどの破壊力はないだろうが、このラッチ自体はプラスチックでできており、アルミの車体ではないが、地震のパワーにかかれば、本当に持つのかどうかは?である。今となっては結構重要な部品となっているので、粗悪品が出回らないうちに規格化するべきだろう。変に認定品とかいう話になると、高くなってしまいそうなので、どこかのメーカーが妥当な自主基準をはっきりさせてくれれば、それがスタンダードとなるだろう。まあ気休めかも知れないが、取り付けた扉的には持ちそうな感じである。ただしこれだけでは片手落ちで、ガラスへのフイルム張りと、食器棚自体の壁への固定を次にやらないといけない。マンションの内装はまさに張りぼてなので、どこに固定するかが難しい。横の梁に止めても、張り自体釘2本くらいしか止まっていなさそうであり、引っ張られたら石膏ボードと梁ごともげそうでもある。

|

« ビューティフルドリーマー | トップページ | 5月病 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 耐震ラッチを付けよう:

« ビューティフルドリーマー | トップページ | 5月病 »