« 猿の惑星2 | トップページ | ホームセンター病 »

今時のレーダー

sg320pこれは原山台のオートバックスで買ったのだが、店内の自作POPがすばらしい。「待ち乗り/高速走行」とは?一瞬何のことかと思ったが、要は「街乗り/高速走行」のことだろう。おそらく作った人は悪魔のIMEに侵されているに違いない。在庫処分なのだろうか、まあ通販では、もう一声というところもあろうが、GPS内蔵のもので19.8Kだったので買ってしまいました。値段的には12.8Kのが気になっていたが、そちらはGPSは無かったので悩むところ。GPS内蔵とはいえ3万後半のはCDROMナビが498で買える時代にあまりに高いのでそれは眺めるだけ。箱の表記も相変わらず紛らわしいですね。GPS排除とGPS搭載、アルファベットだけ見たら同じだが、排除というのはカーナビの安物GPSモジュールの漏れ電波の影響をレーダー部分は受けないよということらしい。決してGPSが内蔵されているわけではない。いやしかし、進化していますね。ロケーションデーターを携帯で更新できるつまりシリアルポートを持っているものまである。確かにGPSを載せるくらいの本体のCPUの処理能力があれば、ちょっとしたハードの追加で後はソフト次第でどうにでもなる。とりあえず使ってみたところでは、まあ良くできているといえるでしょう。ちょっとスタンドのヒンジの首が据わっていないのがいまいちだが、それも振動センサーのためなのかも。ソーラーコードレスでどうやってオルタネーターノイズを拾っているのかと思っていましたが、振動を拾っているのですね。とりあえず前のDCコードが残っていたので、そのままさして使っていますが、いっちょまえにVARTAのニッケル水素を積んでいて、100時間も動くのだとか。GPSがいかほどのものかと思っていましたが、確かにNシステムの手前でお知らせいただくところを見ると移動している向きも考えている模様。Nシステムは見たらわかるので知らせてくれなくてもいいのですがね。高速道の側道ではさすがに区別が付かないようで、近所のLHシステムを案内してくれるが、まあ良いでしょう。そう、LHは電波を出していないので昔のレーダーでは夜などうっかりしていると気が付かないのでこれは良しとしましょう。カーロケ、2mデジタルは一応この辺ではちゃんと反応していますね。350.1Mは未だかつて使っているのに遭遇したことがないのでほとんど意味はないでしょう。そう、最近はまた光電管が復活しているので、その辺は気が付いたときに登録したいですね。内蔵データーにも結構トラップゾーンのデーターも入っているようで、意外なところで案内してくれましたが、これはGPS内蔵ならではでしょうか。その他たくさんスイッチが付いていて、すべての機能が覚え切れませんが、いい感じで動いています。

|

« 猿の惑星2 | トップページ | ホームセンター病 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今時のレーダー:

« 猿の惑星2 | トップページ | ホームセンター病 »