« 第3の選択 | トップページ | 地球的規模の疲労 »

Eスポパワーと韓国FM局

nanotaneもうはや、スポラディックE層全盛の感ありでしょうか。なんとまたたくさん韓国にはFM局があるのですね。大阪南部ではやや微弱であるFM京都の電波が負けてしまうではないですか。車のラジオは感度がよいので、また一体何局あるのかと言うほど受かりますね。驚いたことに、生駒山のFM大阪でさえ混信しているほどのパワー。何Wくらいで送信しているのでしょうね。こんな瞬間なら2mや6mで超ロングなDXコンタクトがとれるかもしれません。いやぁ、局免も切れたままなのでどうにもなりませんが、こんな現象に遭遇すると、コールサインも維持しておきたい気もまたしますね。写真は、種になってきた小松菜の菜の花のさや。

|

« 第3の選択 | トップページ | 地球的規模の疲労 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Eスポパワーと韓国FM局:

« 第3の選択 | トップページ | 地球的規模の疲労 »