« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

昔のレーダー

rx-104
いやはや、オートバックスにミスターオイルしに行ったらレーダーが安売りしていたのでつい買ってしまった。いやぁ10年前では考えられないくらい進歩していますね。昔のレーダーといえば、売値と中身が相応でないものも多く、局発だだ漏れでヘテロダイン検波しているだけの迷惑な数千円の代物から、いろいろ考えられているようで、大差なく数万するものまで、よく見て買わないととんでもないものもありました。やはり確実なのはCPUを内蔵していて、いかに誤検出しないように工夫してあるか、オルタネートノイズから回転数を検出して低速&止まっているときは鳴らないようにしているとか、移動レーダーのバースト波を判別して、ねずみ取りを検出するとか。まあ当時はまだPチャンがやっとデジタル化されたところくらいで、カーロケータもまだ無かった頃なので、電波を受信する機能はありませんでしたが、これは1.2万くらいで買ったような気がします。
RX-104inいやしかし、10年くらい動いていました。冬の低温と、夏のコンソール上の高熱にも耐えてさすが日本製という感じでしょうか。電解も85゜C品ですが、
今年の冬も特に異常なく動いていました。中もそれなりによく作っていますね。キャビティーもそれっぽくダイキャストでできているし、基板もガラエポだし、実装も綺麗。樹脂も溶けないようにガラス繊維の入っているABSのような感じ。これをベークで台○、中○で作ったら、いいとこ1年持てば良いところでしょうね。レーダーというのはノートパソコン、PDA、に匹敵するか、いやそれ以上にとてもよくいろいろ考えられている製品だと思いますね。
で、これはユピテルのRX-104でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニノミヤの終焉

nino80とうとうそのときがきた。小学校の頃から毎週通った京都のニノミヤ無線もとうとう閉店セールである。どこかの服屋と違い、閉店と開店ののぼりを取り替えるマンネリ化したオオカミ少年客引きとは一見して違う、強奪にあったかのような勢いの閉店セールだった。CD/DVD5枚以上で8割引とか、LAN関係の機器も半額だったし、白物家電は結構型落ち3割引でも、もう夕方には何もなかった。残っているのはとりあえず安いから買っておこうというものくらい。5日間も持たないだろう。2日目には裏からまだ出してくるのかな? 元コーナンだったJの泉中央店の閉店セールも、終わりの方でも結構他の店から売れ残りなどを持ってきて売っていたが、Jは全体としては在庫のある店であるのに対してこちらは完全在庫だけ処分だから補充はないかもしれない。最終日にさらに値下げしてくれたら、マイクとかも買いたいな。それより日本橋のパーツ店は残るのだろうか。これがつぶれるのはとても寂しい。本日は阪南店を覗いてみたが、次は6日に狭山かベスピア堺に行ってみるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうはやGW

saya1例年、だいたいGWにならないとHPの更新ができていなかったりするのだが、今年はブログのおかげで年初からぼやけており助かっている。トップの年賀状もそろそろ変えないといけない。niftyのBBSも低脳な奴らがアダルト広告を書き込むのではずしてしまった。niftyのメールも歴代のものなので置いてあるが、ともかくうんこメールが山ほど来る。HPから拾ってくるのだろう。その辺も書き換えないとと思いつつできてない。送信元になっているプロバイダが何か協力してくれないとこれらは根絶できない。niftyも迷惑メール報告なんて言うのをやっと作ったが、どんどんうんこ元をつぶすしかない。ヘッダーを見るとadslのホスト名まで見えるものも多いので、送信元はプロバイダなら特定できる。送信元の架空アドレスを拒否リストに登録したところで、100くらい一日でいっぱいになるし、同じアドレスでは送ってこないからほとんど意味がない。fromではなくて、もっと送信元のppp名で登録できたら効き目があるだろう。フィルタ機能も、絶妙なタイトルで送ってくるからなかなか自動選別は難しい。yahooメール、hotmailは最悪かつ処置なしかつ管理側の協力姿勢が感じられないので、すべてのメールを拒絶せざるを得ない。日本データー通信協会には、迷惑メールの連絡受付先があるが、うんこアダルトメールもどんどんレポートするべきだろう。未承諾広告の告知義務とか、無意味なものではなくて、実害のある、うんこの被害がこんなにあるのだと認識させるためにも、うんこは受け付けていないと言われても送り続けよう。レポートした人を確定してもほとんど意味はないので、匿名でもいいから集めて統計を取る方が意味があるだろう。数日しか稼働していなかったとしても、送信元の契約者は特定できるのだから文句を言うべきだ。
さて、お写真はさやが色づいてきた小松菜の菜の花。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地球的規模の疲労

BBR4HG3脱線といいJALといい、地震といい地球的規模の疲労が感じられる。しばらく安泰な期間が過ぎると、どんなものもバスタブカーブの傾斜上昇期間に入ってくるのだろうか。この前、JALの熊本行きに乗った時も、あまりに使い回されすぎて、シートベルトのバックルがスルスルになっていて、いっこうに締まって止まらない。まるで使い古されて漆のはげたお椀のようにあらゆる部分が消耗している雰囲気がある。その日も機体故障でどこかに引き返した始発便があったが、一便欠航するとその後一見ぜんぜん関係なさそうな場所の便が欠航する。飛行機は一日中朝から晩まで日本中を行ったり来たり一筆書きで飛び回っているということだろう。それくらい格安航空会社のように使い回さないと、元が取れないのもわかるが、そろそろ古い機体はやめておかないと、それこそ落ちてしまいそうだ。羽根の見える少し後ろの席が好きだが、そこからはフラップの出てくるところがよく見える。見ているとモーターや油圧装置のある羽根の裏側は結構年期が入っている。ワイヤーを止めているバンドがぶらぶらしていたりと、ある意味恐ろしい。こんなところまで整備できているのだろうか?と思ってしまう。羽根は飛んでいると結構ぶらぶらしており、その付け根は疲労を受けているはず。羽根は取り替えたりしないのだろうが、機体の期待寿命まで本当に持つのだろうか。木の家具は使い古されて見た目の味が出てくるが、それはミュージアムの機体だけにして実働の機器は早めに新しくして欲しいものだ。それはさておき、こんなよく通っているところであり得ないような事故が起きてとても衝撃である。JRは峡軌道なので、私鉄や市電や新幹線の幅広線路に比べて間近で見ると逆三角形に近くよく倒れないなと思ったりするが、台車の重量と全体の重量バランスで普通は持っているのだろう。本来は、今更変えられないにせよあの線路幅は狭すぎる。実際フェリーの転覆ではないが、すべての人がカーブで外側に寄りかかったら、あっけなく倒れるのは断面図を書いてみたら簡単に予想できる。窓際の座席は線路の外側にあるのだ。バイクでカーブの途中で前ブレーキをかけたらいとも簡単に転倒するが、それは自動車でも、ましてや車体は前向きにしか走れない電車で同じことをしたら飛んでいくのは当たり前だろう。焦りはあったにせよ明らかに経験と運転の技量不足であり、無免許運転の高校生が曲がりきれずに車をカーブの電柱にぶつけて大破して自滅するのと何ら変わりない。そんな若気の至りに便乗させられたなんて、無念としか言いようがない。電車は安全という神話はまさに神話だったのか。いや、乗り物としての電車は十分に安全である。機械の操作を誤ると暴走するというだけのことである。それはどんな機械でも同じである。
お写真は評判のわりには機能いまいちのBBR-4HG。ACアダプタはトランス式だが、これはこの方がノイズフィルターになっていて良いだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Eスポパワーと韓国FM局

nanotaneもうはや、スポラディックE層全盛の感ありでしょうか。なんとまたたくさん韓国にはFM局があるのですね。大阪南部ではやや微弱であるFM京都の電波が負けてしまうではないですか。車のラジオは感度がよいので、また一体何局あるのかと言うほど受かりますね。驚いたことに、生駒山のFM大阪でさえ混信しているほどのパワー。何Wくらいで送信しているのでしょうね。こんな瞬間なら2mや6mで超ロングなDXコンタクトがとれるかもしれません。いやぁ、局免も切れたままなのでどうにもなりませんが、こんな現象に遭遇すると、コールサインも維持しておきたい気もまたしますね。写真は、種になってきた小松菜の菜の花のさや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第3の選択

altanatv3そう言えばこんなものもあった。これはつたやでなくて、つぶれたビブロスで買ったやつだ。このところ、矢追さんもぜんぜん見ないが、このBBCの第3の選択は当時としてはとても衝撃的な内容だった。1999年以来、なんだウソだったのかという感じで最近はあまり話題にならないが、昔の方が、謎の円盤UFOのテレビシリーズとか、そんな濃い話題が多かったような気がする。今見るとあのテレビシリーズも装置がアナクロだが、身の回りにそんな機械がない時代だからものすごく興味深く見ていたのを思い出す。いろんなシーンを今でも覚えている。そして矢追さんに洗脳されたわけではないが、この手の話題はとても興味深い。アポロ月着陸が作り映像だった(らしい)ことは、有名になったが、それよりもすでに62年に火星に到達していたという、すごい内容である。それは何ともいえないが、将来的に第3の選択を選ばなければならなくなることはあり得ることだろう。たまに読み返す漂流教室、たまに見直す2001、そしてたまに見たくなるaltanative3ということで、これもDVDに落としておかないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猿の惑星

papesつたやに行ったら、中古ビデオが100円で売っていた。何となく手が出て、猿の惑星を買ってしまった。今さらさらでDVDを買うのもあほらしいし、VHS もTBCを通して見れば、結構綺麗に見えるので、一回見ながらDVDに落とすかと言うところだろう。だいぶん前に登場したパワースタビライザーだったか?は、操作性の悪さはどうにもならないが、3Dノイズリダクションもちょっと効きすぎというところもあるが、普通に通すだけでも格段に綺麗にそろうので、 VHSを29インチくらいのテレビで見るには重宝している。 猿の惑星はテレビシリーズの方は長すぎて、途中から何のことかわからなくなるので、やはり映画版の古い方がベストだろう。コーネリアスとか懐かしいね。自由の女神といえばやはり三○○友○○カードよりは、これを連想してしまう。いや、すでにこういう輪廻は地球上の歴史にあったかもしれないし、今後もあり得ることだろう。まあapesに侵略されるかどうかは何ともいえないが。蒲田の駅前のモアイ像なんかはとても将来的にはひんしゅくな一品だろう。なぜここからモアイ像が発掘されるのか・・・。模造品や、むやみな移動はやめておきたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

壁には穴を開けよ

kabe2
どうもいけていないところにスイッチがあって、棚が置けない。仕方がないので、そのしきりが中空であることを利用して、反対側に穴を開けて、スイッチを裏側に移動。なかなか限りあるスペースにほんの少しデザインを重視したような配置のキッチンは、かえって使いづらい作りになっていたりして、いわゆる、いけていない実用にならないデザイナーズなんとかではないが、なにかしらの制限のある場合は、デザインよりも実用性を重視した方がよいだろう。 さて、石膏ボードは穴を開ければ、いくらでも加工ができるので、くりぬいて、どっちみちBOXレス加工なので、クランプ金具でスイッチプレートをかめば完成である。まあ、しかしマンションの内装なんて、まさに張りぼてであり、あまり中を見てしまうとおぞましい。しかしそれでだめなのかというと、枠は強固にあるわけであって、張りぼてで必要充分であるということだろう。張りぼては許すとして、欲を言うとIHコンロが使えるように、太い線を始めから通しておいてもらえれば、ありがたかったが、後から通すことは至難の業である。幸い私の階は天井裏があるので、うまく通せば全く不可能ではないかなという気はする。kabe1

そう言えば、オール電化が独禁法違反だと言われているようで、まあやはり給湯はガスだろうし、タンクはじゃまだし、オールガス化は発電機がいるし、昔あったガス燃焼式クーラーとか、冷蔵庫も最近は見かけないし、電化の方が確かにやりやすい。ガス管はずしたらオール電化割引しまっせというのは確かに行き過ぎだろう。どちらかというと、深夜族のために、深夜電力温水器が無くても、深夜の電気を割り引いて欲しい物である。あんな大げさな夜間電力メーターをつけなくても、今時普通のメーターに昼夜判別機能ぐらい簡単だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インターネットラジオ

winamp1ようやく世間の機械に認知されわたったかという感のあるMP3だが、やはり走りはwinampだろう。wav変換がフリーでできたころのなんていつの間にかもう6年も7年も前のことか。でもやっぱりなんかこのスキンが落ち着く。いまや、これでインターネットラジオも聴けるのですね。一時YBBが開通した頃、たった200Kしか出ていなかったが、so-netのmusic airだったかなんか、ヒーリング系の感じのいい音がするストリームがあって、よく鳴らしていたが、いつの間にか無くなってしまった。今や、インターネットラジオの専用機まであったりして、便利な時代であります。Total Country103なんて、とてもいいですね。
いい感じのカントリーばっかり鳴ってます。うん十Mもスピードがあると、128KのMP3相当で充分鳴っており、しかもそう連続して流れているかというと、たまにぱらぱらと来てずっと鳴ってますね。クオリティーもBGMにはちょうどです。BGMにするのにあまり音がいいと、聞き入ってしまうのでBGMになりません。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アロエ

aloe1その後、eoはつながっているが、思うに、何度もパソダイレクトでやってみてもだめだったのだが、それはたまたま失敗していたのだとしたら、VF200F2とルーターの自動線長判別機能の相性の悪さがBBR-4HGでも起きると言うことなのかもしれない。いらぬ機能が両側にあるからうまく動かないのだろう。間にスイッチングHUBを入れると仲介してくれるので動くのだそうな。それはやってみなかった。今度起きたら、まずそれをやってみるか。もしくは阪神タイガースルーターに入れ替えてみるか。VF200F2の方は、ファームの書き換えを公開していないが、何かしたらできそうなものだが・・・。結局YBBの6月に急につながらなくなった問題と同じような気がする。
さて。お写真は生命力強大な半枯れから生き返ったあろえちゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

eoその後

dawn音沙汰なしかと思っていたら2日後に丁寧なメールが来た。ヤブでは当初サポ電もつながらないしメールは自動返信のみだしと、一旦何かあると最悪1ヶ月はどうにもならなかったが、まずはサポ電は繋がるし、派遣のパターン認識対応ではないようだし、明らかな差であるから良しとしよう。とても心配した光電話には専用の夜間電話窓口があるそうだ。当然だろう。で、認証に期限があるようなことはないそうである。パソダイレクトで繋がったのなら、ルーターとモデム間に何か障害があったのだろうとの推測をいただいた。もちろん電源をしばらく切ってみたり、パソを直につないで当初XPでスピードテストした広帯域PPoEの設定でもやってみたし、それを30分後、1時間後にもやってみたが同じだった。認証ではねられている感じだった。そして、朝までだめだった。繋がってからちょうど1ヶ月目。でも、サポ電したらつながった。偶然だろうか。とりあえずその後はまたいけてないルーターBBR-4HGで常時接続できている。ただ、eoは定期的か不定期的か見るとIPが変わっていますね。ということは切れてまたつながったりしているのか、それともIPのリース期限がくると、更新されているのか? そのへんがまた、このいけてないルーターBBR-4HGはシステムのログがとれないのでわからないのです。やっぱりコレガの方が良かったかな。これがつぶれたらこんどはこれがにしようか。
写真は、早朝出発の夜明け。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サポート窓口あれこれ

BBR4HGBX
各社問い合わせ窓口があるが、サポ電に電話するのはよいが、たいてい大いに待たされたりして、あほらしいので、まずはWEB問い合わせ窓口があるところにはメールしてみることにしている。それでもだめなら電話してみよう。最近の反応では・・・、IODATAにQWATCHに固定ファイル名FTPできないのかと聞いてみた→できないと次の日に返事が来た。問い合わせの返事は早いが、対応する気はないみたい。いまいち使えないWEBカメラである。バッファローにセキュリティーかけると使えないぞと聞いてみた→2日後返事あり。そう言う仕様だそうだ。もう一つ、いけてないsyslog何とかしろと聞いてみた→2日後返事あり。そう言う仕様だそうだ。楽天にメールに人の名前を勝手に埋め込むなと怒ってみた。→次の日、いやならメール配信申し込むなと言われた。そうか。eoに何でつながらなくなるのか聞いてみた→メールが輻輳しているそうな。音沙汰なしである。え?実はYBBレベル?
写真は、結局、充実のセキュリティー状態では満足にWEBできないので、普通のルーターとしてしか使えない、ある意味ちょっと期待はずれだったルーター。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つながらないeoメガ

negibouさて写真はベランダのねぎぼうずです。昨日ちょうど一ヶ月ほど快調だったeoメガが切れてしまって、どうしてもPPPoEが認証されなくてつながってくれない。VSDLモデムはリンクしており、牛のルーターが1ヶ月で壊れたかと思ってXPのノーパソ直でやってみるも同じ・・・。しかも困ったことにサポートダイアルは21:00までで、その後は自動音声で障害アナウンスが聞けるだけ。NTTを休止して光電話といっているくせに夜間サポートはないのですかな。なんと。これでは、もし光電話にしていたら、復旧するまで電話も使えないということではないの。NTTなら、フレッツはどうなのか知らないが、電話なら113にかけられれば、留守電になっていても吹き込めば案外夜中でも対応してくれるが・・・。そう言う意味でまだまだIPホンは光だとしても信頼性がいまいちですね。だいたいMDFの中の機械の電源は建物から取ってますからね。NTTの光収容なら電源ごと来てますわね。結局翌朝サポートに電話して、いろいろやってみてといわれてやったらつながったようです。そのあと、ルーターとかそのまま元に戻したら復活。ということは、電話したら、実はサーバーの認証を1ヶ月更新するのを忘れていて切れていたのだが、それを更新してくれたのでつながった。みたいな気がしますが、察しすぎでしょうかね。なんやかやとNTTも最近いじめられてますが、その辺はまだまだ一歩譲れないところがあると感じた一日でした。携帯があるからいいものの、119かけるのも、サポートダイアル再開するの待っていたら、とっくに○○みたいな。結構いけてないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

住所変更など

いやはや、引っ越して1年になるというのに、まだ住所変更が終わっていないところがあって、銀行などアクセスしたりしています。そういえば、富士銀行はどうなったのかとおもっていたら、そう、まだ残高ありでほってある。こちらは、みずほに住所変更用紙を打ち込んだまま送ってくるので印を押して返せとな。japannetbankも作ったままで、なにやらヤブに手数料とられたいり、口座維持手数料とられたりして減っているではないの。そう言えば、協和銀行て、なにになったのだったか?このカードまだ使えるのだろうか?? そういや、千葉銀と京葉銀行なんて言うのも通帳があるが・・・・、どうしたらいいという感じ。しかし銀行のインターネットバンキングに割り込んでフィッシングされたりしたら、気が付かないでしょうね。確認のため、再度パスワードを入力してくださいなんてそれっぽく出てきたら入れます罠。気をつけないと。 UFJとBTMがひっつくから重なる店番号を整理しますだと・・・。これまた難儀なことですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近ごろの手数料

modemret
元払いeけてないアクセスのモデムを返送するところ。これて来たときに写真撮っておかないと、どの線が入っていたのか忘れますね。メーカーでシリアルから返却管理してるんでしょうかね。とりあえず掛川に送りました。やはりアッカのように箱送ってきてくれないと、こんなまじめに返す人も少ないのでは?と思ったりして。
ところで、UFJからオールワンの引き出し上限額を設定してくれとのはがきが来た。でも設定したら発行5年後に1000円かかりますだそうな。何やら世間ではICカードがもてはやされているが、どれほど威力があるのかやや疑問でもある。ATMでパスワード見られて、カードすられて引き出された再現を前にやってましたが、せっかく銀行名隠して再現しているのにおばちゃんオールワンて言うもんだからUFJだとばればれでしたね。すられてそのものを使われては、ICカードは何の効力もない。でもその場合、およそ違うATMから出すだろうというところからの制限ですかね。しかしICカードもデーターを吸い出すこと自体は何も難しくはないから、コピルこともできるのでは?チップの固有IDがあるとすれば、サラカードを作ることが難しいことがセキュリティーなのか。それを考えるとやはり網膜認証とか指紋認証しかないのか。家族に出してきてというのができなくなるのか。
しかし銀行もとうとう、あのシチバンクごとく手数料を取る時代ですか。シチも一時、まだ日本の銀行がイージーにできなかった頃外貨してましたが、結局のところ、超短期間しか有効でないキャンペーンで客引きしているだけで、大したことはなかった。元割れせずに解約できて良かった。
今や、MMFにしようが、意味なし定期にしようが、端金では手数料は利息を大きく上回っており、銀行も個人相手には、手数料稼ぎの口座貸し商売でしかないということですね。
クレジット払いの電気料金がこれまたいけてなく、口座振替だと年間600円割引があるのに、たかだか1万円くらいの電気料金に付くカードのポイントなんて、その1/10の60円??? 何のメリットがあるのかよく解らんので、元祖初回の500円引きだったか、5%引きだったかだけ引いてもらってまた戻しました。
ガスは、口座割引無いので微々たるポイント分カードがお得?ですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出てきたUの箱

cyb-u
ちょっと光ってしまったが、ストーブを片づけていたら出てきたcybershotUの箱。U30の方は、愛用していたSANYOの35万画素(亀ディアと中身が同じやつ)を落としてしまって、電池のふたが割れたので、その代わりになるものを探していたら、たまたまAVICで安売りしていたので買ったもの。しかも赤。元祖Uの半額以下だったのがつらいところ?しかしどちらも結構ちゃんと写るので、ちょい撮りには重宝する。起動時間が即なのもうれしい。10の欠点は、液晶がバックライトでないので見にくいことと、ストロボがオートでないこと。30はそれらも改善されていて画素数2倍ですか。しかしどちらも広角気味なレンズで撮りやすいし、ズームはないがマクロも10cmまでよれるので、近寄って撮るタイプのカメラと思えば使える。とりあえずピントがあって無くてもシャッターが切れてくれるので、チャンスを逃さない。その点、京セラとは雲泥の差か? 小さいレンズの割にはそれなりに写ってくれる。何より小さいので、ファイバースコープではないが、のぞけないところ、壁の裏とか縁の下とかにつっこんでぱちりとか、最近遊んでいるのは、鳥かごの中から外を撮ってみて鳥の気持ち・・・とか。携帯と違って音がしないので、こっそり撮れるというのもありか?どんどん画素数が増えてますが、この辺のは100から200で充分ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドコモの電池来た

denchikitaそうこうしていると、電池がくろねこメール便で送ってきた。あれ?なんか型番が違うぞと思ったら、電池も進化しているのですね。容量がアップしている。元のはP014で680mAhだが、来たのはP016で720mAhと書いてある。わずかとはいえ、容量UPしているのですね。何を改良したら容量が増えるのでしょうね。昔はニッケル水素の電池が標準で、リチウムイオンの電池はびっくり価格で万していたように思いますが、こんなただで配れる時代になって、待ち受け1日だったのが、今や消費電力低減の技術も進んで、移動しなければ、平気で2週間くらい持つしすごいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もろもろのうんちく

toudati2IEもIEでないとうまく動かないところがあるかと思うと、ルーターのセキュリティーとの相性が悪かったりして、ネスケもずっと愛用しているが、銀行系HPでネスケではだめだといわれたり、完全な両用ができないのは仕方がないところか。こころぐもスタイルシートを使って表示されているが、これまた出方が違ったりしてどうしたものか。ホームページの方はもっぱらネスケベースなのでIEで変に見えてたりすることもあるが、総括して素直に見えるのはネスケという感想だ。さて、最近こちらがHPのメインになってしまったので、こっちにカウンタを持ってきた。どうやって入れるのかと思っていたら、こんなところにはいるのですね。ログ鳥のイメージもひっつくのかと思ってやってみたらいけてますね。プラスにするのもプロもまだ容量は足りているし、そこまでこる気もないしと言うことで、ノーマルでHP連携でがんばりましょう。そこで変なところに変なイメージを貼り付けると、IEとネスケで見え方が違いますね。まあいいか。なんか作成画面も変わっているし、いろいろ改良しているのでしょうかね。各社、しょぼサーバーベースのところはそろそろ限界が見えだしているようであるし、このブームもいつまで上るのやら。ブームといえば、公開していることもあって、とくにniftyのメールには山のようなアホメールがやってきますね。うっとしいので最も多いyahooからのメールは完全無視しても、一部仕事でも使っている関係上、IDでのメールは切りたくないし、拒否アドレスも100なんかではぜんぜん足りないし、どんどん変えて送ってくるからいくら登録してもあまり意味がないし。docomoの迷惑登録サイトではないが、やはりヘッダーを追いかけて、怒ってくれる公的な仕組みがないとこれは無くなりませんね。これだけ内容が多彩であると、フィルターのかけようがない。fromアドレスが実存するかどうかハンドシェイクをしてから受信するみたいなセキュアなメール転送プロトコルが必要ですね。
さて、ぜんぜん関係ない写真は、春に力強くプランターの中で林立する小松菜の茎。もうすでにどこが小松菜なのか不明ですな。菜の花てこんな変な臭いだった? んん春の畑の臭いといえばこんな感じだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カメラ屋を物色

nimh2300ニッケル水素の電池もどんどん容量が大きくなって安くなったものだ。MDウォークマンの単3が2つひっついていたのは5000円くらいしていたが、今や日本ブランド(ただしFUJI)でも4本880円だ。韓国ブランドのもの2種は聖地に行くと安いが、まあたまにはずれがあるが、だいたい使えている。電池はやはり松下にアドバンテージがあるが、やはりそれなりに高い。オキシライドはよくわからん。意外に廃れるかも? さて、通りがかりに時間があったので、なんしちの奥の方のキタムラを物色。さすが元祖カメラ屋さんですね。だいぶん商品が様変わりしているが、まだ普通のカメラも売っている。camedia2020を買ってから早4.5年。デジカメの進化はすばらしい。2020は実はまだまだ現役で、200万画素ながら非常にノイズも少ないしこのころのものとしてはとてもうまく写る。しかし起動時間の遅さやタイムラグの長さは今のものには及ばないのは仕方ないところ。そんなわけで、デジタル1眼を物色。kissは火付け役としてすばらしかったが、何せボディーがちゃっちい。今とてもお買い得になっているが、3万の差で買うべきかどうか・・・。普通のEOSと比べてしまうとミラーのやすっぽい音がいけてないかな。kiss-Nがどんなものかと物色。電気屋のは動かないのが多いのでここなら動くはず。さすがカメラやですね。いろんなレンズのセットを作ってくれていて、4つ5つ置いてあった。だいぶん質感は良い感じ。しかしでかいレンズつけるとグリップが小さいね。重さ的なバランスはいい感じかなと思うが・・・。動作やミラーの音なんかはだいぶんいいのではないだろうか。D70:シンプルながら良い質感に仕上がっている。nikonらしいピントの合方で、音もいい。istDs:シンプルにできているが、バランスの良い作りという感じ。音も精密っぽい音で好感触。グリップが長く見た目は良くないがとても持ちやすい。kissNもこれくらい出っ張らさないと・・・。 しかしEOSのレンズが家にあったりすると、古くても使えたりして、やはりcanonに目がいくか・・・。20Dがもう2声安かったら言うこと無いが。まああんまりでかいレンズはそもそも適合機種でないと思えば、kiss-Nも十分良いのではないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電池パック無料

kechiちょうど通りがかりにドコモショップがあったので電池パックを申し込みに寄った。簡単にくれるのかと思ったら、機種変更のごとく、身分証明まで要求されてしまった。WEBで受け付ければよいのに変なところに厳重な割には、抜けているところもあるらしい・・・。言われたことには、4月中は3000円割引券と祝フェアなので、実質ただで機種変更できますよとのこと。電池もらうとそれが使えないとか。でも、おもちゃみたいな機種しかないし、4月中に機種変更することは無いからいいです。電池くださいといって申し込み・・・。送ってくるそうだ。その場でくれたら送料が浮くであろうに・・・。そういえば、ふぉまもP700がでている。少し理性を取り戻し、現実的なコンセプトに近づいたか。でもまだ22mmもある。はやく17mmに近づけるのだ。 PHSもそう言えば案内が来ていた。FOMAに換えるなら2万円、movaなら万円引いてくれるそうだ。カードは1万円らしい。FOMAカードも6月から安くなるそうなので、プリペイドも含めて移行を考えよう。無線LANスポットとの等価交換というのも魅力的ではある・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MPIOのストッパー

mpiostperこれはFY300についている、ネックストラップのストッパー。これを見て思い出したのは、昔雑誌に載っていたSEIKOの小さいロボット。アンテナのひげを出していて動くやつなんて言うのでしたかな? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MPIO評

ADFY300-1一週間分一気書き状態です。さてこちらは、去年の夏の終わり頃に買ったMPIOさんです。ちょっとどうしてもボイスレコーダーが欲しくて、でもかうならFMも聞きたいしMP3も聞ければうれしいし、しかもUSBメモリーにもなるって? と、どうせなら256Mということで、3000円の阪神タイガースVレコでも良かったのですが、こちらは安い日で150K位だったと思います。その後iがらみもあり総勢値下げされたので今はだいぶん下がっているでしょう。これはとてもいけていて、電池はUSBから充電(電池がへたったらあきらめ?)、USBは1ながら、そのまま空きがあれば何でも転送できる。FMはステレオで録音できる。しかもこのサイズの割には感度がよい。音は思っていたより遙かに良い。かなりフラットな感じ。バックライトも明るいし日本語も出る。写真上は、最近買ったやつ。いけていないところと言えば、ジョイスティックの操作がやや難しいのと感触が悪い。操作を忘れるとどうやったら切り替わるのかわからなくなるところかな? こちらもライン入力が付いているので、たとえばRioのオプションのステレオマイクをつなげれば、生録ができてしまう? 生録とはなつかしいひびき。でもローランドのR-1にはかなわないか。 いやしかしあれは良くできている。しかも4万しないとなると、現代の究極の生録アイテムはあれかもしれない。ある種の人たちが密かに構想していたものをいつのまにか実現してくれているところがありがたい。いや、デバイスの性能と値段がそこまで来ていると言うことでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モデムの隠しスイッチ

wd600swこれはNECのWD605CVである。なんと日本製である。ケースはあちらせいかもしれないが、簡潔におつなく作られている。うまくあとから無線LANカードが刺さるようになっている。このランプの上の角がスイッチになっているのは今まで気が付かなかった。ファームによるのだろうけれども、リスタートとかに使うつもりだったのだろうか。これくらいシンプルでVOIPも内蔵していて発熱量も少なければ、信頼性はありそうである。初期型ヤブあんかモデムは音はするは、あんかより熱くなるはと、安く作らせたゆえのスペックの悪さが際だっていたのと対照的である。 ヤブは切り替えを申し込んでも1ヶ月もそれ以上もそのまま使えていたりしたが、eアクセスはさすがにぴたっと月末に切られてしまった。モデムを返却せないかんね。アッカは回収キット送ってきて着払いで返せたような気がするが、eは元払いでキットも送ってこないのですね。いけてなeアクセスてな感じですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PHSの行く末はいかに・・・

pinfreeいまやピークを過ぎて衰退へ向かう感の強いPHSだが・・・、アステルやDDIポケットは結局ウィルコムになったのだろうか?いやアステルは無くなったのか?NTTパーソナルはドコモになり、足を引っ張っているのであろう。 しかし星の数ほど増設された、すべての電柱の基地局を全部止めたら、どれくらいの電力が節約できるのだろう? 省エネといいつつ常時起動する装置はどんどん増え、いくら冷蔵庫が省エネになってもそれを補って余るある意味無駄電力が増えており、平均すれば何もエコロジーにはなっていないのだろう。 最近bモバイルなるプリペイドPHSカードが売っているが、150時間で298だと、3.3円/分か。ドコモは198で収まったとして年間30時間で2.3万ほどすることを思うと安い。600日有効だそうだが、それまでつぶれずにPHS回線があるとして、毎日15分できることになる。@freedは気にせずつないでおけるが、定額料がすこぶる高く個人ではつらい負担だ。どこもの長期割引ファミリー割引を加味してさえも、検討の余地ありかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネットワーク環境あれこれ

lanroomおうちのLAN環境は2週間ほどADSLとVDSL両用だった。今となってはダイアルアップする気にもなれないし、回転ダイアル電話を操作するごとく、どうやるのだったか忘れてしまったので、しばらく同時に生かしていた。休止回線が一つあるので、そちらにVDSLは流してもらった。故に同時に動いていたわけである。ADSLはIPホンも使っていたが、どれほど必要かというとそんなに必要でもないので、今は無い状態である。光電話はCATV電話と同じで番号同時移行でNTT回線は休止して使うと安いというやり方であるが、まだ時期尚早という気がする。3桁電話はかけられるようになったそうだが、NTT回線は停電していても動くがこちらはモデムが生きていないと使えないし特番はやはり未対応なので0570をかけるチケット購入には必要だろう。光電話がもっともいけていないのはモデムを2つも起動しておかないといけないことである。NTT回線を休止にするのはよいが、5年ほっておくと権利が無くなるので、どこかみたいに買い取ってくれるのでもない限り月千円ちょっとをけちることもないだろう。モデムがAtermのように一体化して、月200円くらいなら契約しようか。
 ところでバッファローのルーターだが、最近出たやつなのかと思っていたらもう1年以上前からあるようで、いろいろ皆さん苦労されている方もおられるようで。 結局、セキュリティー高ではWEBアクセスにも制限がでるということで我慢しないといけないのでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昔のRIO

rio300そういやこんなものもあった。飛びついて買ってみたが、耐えうる音でなかった。MDになれていた耳にはあまりに音が悪かった。特に低音の抜けが全くなく、聞くに堪えない。出してきて聞いてみたが、まだ宇多田ヒカルが消えずに残っていた。このころ32Mのスマートメディアは13000円くらいしていたのではないかと思う。32Mのスマートメディアをふたの噛み合わせの悪さゆえの隙間かというようなスロットに追加してようやく64Mである。それでもCD1枚をMP3で入れることができた。もちろんまだUSBは世間になく、232Cでの転送である。数回勘合したら接触不良を起こしそうな、貧相なコネクタによりパソのシリアルポートに接続し、ちまちまと転送するのがまたおつなものである。これのいけていないのは、ケースがいかにもどこか製であり、あまりにちゃちな構造である。特にどこか製にありがちな、電池のふたの幼稚な構造がとても最悪である。電池は単3が入るのである程度は持つ。裏面には今では珍しいネジ止め式のベルトクリップが付いている。丸いボタンなんかはipodや東芝にも引き継がれており、この手の元祖的なものであり、今となってはミュージアムで余生を送るのが最適なアイテムといえるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BBR-4HGその後2

bbr4hg2その後のルーターであるが、ロックしたり設定画面を開けなくなっていたりといった、コレガにありがちな状態にはならないのだが、うたいもんくのアタックブロックを設定していると、どうもうまくWEBブラウズできないことがわかった。特にIEでだめである。どうしても開けないページや、pdfや写真が出てくる。しかしネスケでは見られるので、IEのアクセスの方法なのか、IE+XPの問題なのかよくわからないが、アクセスできなくなると、LOGにはsyn floodがローカルからそこのサイトのアドレスに対して記録されている。仕方ないのではずしているがそれでは意味がないなぁと言うところである。IEの発するアクセスの癖を異常なコネクション要求と判断しているのか? 牛に聞いてみないといけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シリコンオーディオとは・・・

EVR500バスの中では実はこれで遊んでいた。去年の秋にもう一つMPIOを買ったのだが、それの3分の一しないbeatsoundsとはこれいかに。くやしいのでもう一つ買ってみた。といってもそんなに悩むような値段でもない。送料込みで5980円とは、shuffleの影響だろうか、元の値付けでは売れないのでどれも値下がりしている。中には悪かろう安かろうもあるが、これくらいならだめならあきらめればよい。緑家のやGLOOVとか、この系統はすべてkorea製なのだろうか。これはbeatsoundsのものだが、adtecが売っているものである。前に買ったMPIOは予想以上に音が良かったので、これはどうかと思ったが、まあ音はそんなには悪くない。なんかボタンがいっぱい付いていて、説明書を読まずに使うにはだいぶんかかったがやっとわかってきた。MPIOはUSBで充電するタイプだったが、これは単4である。NiMHでも動くので、これはこれで便利である。EVR500-2MPIOを買ったのは、シリコンオーディオの他に、ボイスレコーダ、FMラジオが付いていたからだ。なんとFMラジオも録音できるとは便利な時代だ。前にUSのホテルででFMラジオとMDを繋いで現地のカントリー番組を録音してみたことがあるが、MDのノイズを受けてしまっていまいちだった。でもこれなら一発ではないの。同じ機能があるしなんと256Mでマスストレージとなれば、USBメモリー買うような値段でもある。しかしやはり約2年落ちで安いだけのことはあり、前に買ったMPIOには及ばなかった。MP3,WMAの音はそんなに変わらないが、FMラジオはだいぶん負けている。まず感度が悪い。感度が悪いのでなかなかステレオにならない。そして、これは買ってみてわかったが、FMの録音はモノラルだった。MPIO300はステレオで録れる。これはだいぶん負けている。そして感度が悪いので電波が弱いと自分のノイズに負けてしまう。反面ボイスレコーディングはこちらの方が感度が良好だ。音の抜けがたとえ16kbpsでもよい感じだ。メニューのデザインはかなりいまいちだ。でも日本語が一応出るところはすごい。バックライトはとてもくらい。MPIOは青く綺麗だ。USBコネクタが飛び出るのはよいが、ゴムのカバーがじゃまであり、すぐにちぎれそうだ。ありがちなことだが電池のふたがちゃっちい。それ以外は値段的にはぜんぜんOKだ。次回はMPIOを評してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »