« この期に及んでNHK | トップページ | エアコンは自分で移設しよう11 »

無料アンテナパワー

antena
これは近所にある、某朝日放送のアンテナである。昔は野原の真ん中か田んぼの真ん中にあったのだろうけれども、今では周囲まで住宅が押し寄せ、邪魔者扱いされんばかりに存在している。周囲にはどんどん新築の一戸建てが分譲され、この広場を見晴らすようにマンションも立ち並んでいる。この敷地の周りに面した民家は、高圧線の電磁波ならぬ、送信電波の電界をもろに受けていると思われるが、1MHzやそこらの電波がどれほどのものかは謎である。メジャーなAM局は結構50KWくらいの出力ではないかと思うが、人体への影響はどうなのだろう? 血行が良くなるとかなら良いが、高圧線の電界の下ではやはり発がん率が高いとも言う。もっと電子レンジに匹敵するかもしれない、携帯の基地局がマンションの部屋の上の屋上にある場合もあるだろう。常時800Mや1.5Gにさらされているのも気分の良いものではない。隅田川の駒川あたりに、小学校の近所のビルの上に携帯基地局を設置することに反対した、「この街に電子レンジはいらない!」かなんかのでかい看板があったのを思い出す。それに比べれば、AM帯域は大したことにはならないのだろうか? 1Mだと、波長は300mくらいか、このアンテナは何mあるのか150mだとして1/2λアンテナだろうか。
ところでこのアンテナのご近所のメリットとして、ゲルマラジオではないが、バーコイルアンテナを同調させて検波したら、結構な電力がとれるのではないかと思っている。実験してみようと思いつつまだやっていないが、これをある程度スパコンなどにチャージすれば、十分液晶CLOCKなんか動くのではないか? 電波時計の電波は極小だが、AMラジオの電力を利用して稼働させれば、電池いらずの時計ができそうである。そのうちコイルを巻いて同調させてみよう。

|

« この期に及んでNHK | トップページ | エアコンは自分で移設しよう11 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無料アンテナパワー:

« この期に及んでNHK | トップページ | エアコンは自分で移設しよう11 »