« 愚のIME | トップページ | 充電まるのこ »

配電盤の進歩

haiden1
どうやらニノチは、営業を継続できるようで、すこしほっとした。しかし他社からの商品供給となると、値引率の点では競争が難しいだろう。ニノチのパーツ店はどうなるのだろう? 西の聖地のパーツ屋も、○ツは例外として減る一方であり、Jの1番館の上にパーツフロアーがあったことが懐かしい。 ニノチのパーツ店は、K立に比べて、工具が安かったり、やや違うものが売っていたり、駐車券がもらえたりと、それなりのメリットがあったのだが、もし無くなるとなると、西の聖地のパーツ事情はとても寂しい状況となってしまう。
 さてぜんぜん話が脱線しているが、最近のブレーカーはなんかうまくできていて、バスバーに直接刺さるようになり、しかもコンパクトになっている。そんなことずっと前からだよと言われそうだが、しばらく電工部品にあまり接していなかったのでこんなものができているのかと、いわゆる目から鱗・・であった。100/200の交換も3つの電極を切り替えることで簡単に変更できる。接続も差し込み式であるし、こんなので確実な接触なのかとちょっと心配なくらいちゃっちいこうぞうである。 写真はエアコン回線を200に変えているところ。

|

« 愚のIME | トップページ | 充電まるのこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 配電盤の進歩:

« 愚のIME | トップページ | 充電まるのこ »