« カセットテープを救おう(つづき) | トップページ | どうなるニノチの5年保証 »

なぜか関西では品薄

radi24d
いまやHDレコーダービデオなしではどうにもならない贅沢ものに世間がなりつつありますが、後から出てくるのは悔しい機能がどんどん増えている・・・。2CH録画。こんなことテープでは絶対発想し得なかったことですが、HDDなら可能だったのですね。録画中の編集とか、ダビング中の録画、視聴が今のはできるのでしょうか。アナログBSはいらないけど、できたらゴーストリデューサは欲しいですね。しかし、メディアが高かった。パソでいじるにはRAMのカートリッジ入りがベストですが、何せ高い。120の方が単価は安いが、かさばってくることを思うと、240の方がお買い得ですね。そして一時期はPC用の方が安かったような記憶がありますが、さすがに普及してきたこともあり流通量が逆転したのでしょう、最近はビデオ用の方が安いですね。なぜかこのRADIUSは関西ではあまり流通していませんが、聖地に行くと240が5本で2200円だったりします。安いですね。今のところ、DIGAでこのRAMのエラーはありませんから、とりあえず実績で使えています。たまにスピンドルのところのケースのバリがあって、がりがり音を立てて動かないのがありますが、一回中を出して削ってやれば使えてます。Rもエラーになるのは機械が調子悪くなるくらい相性の悪いのがありますが、TVオド録は今のところ使えていますね。

|

« カセットテープを救おう(つづき) | トップページ | どうなるニノチの5年保証 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜか関西では品薄:

« カセットテープを救おう(つづき) | トップページ | どうなるニノチの5年保証 »