RW-5100はWin10で動くのかの謎

Rw5100x2
SANWA SUPPLY ADR-RW5100, SHARP RW-5100 4969887537589 4974019607993
いやはや、今頃、Win10を動かそうとしているわけですが、64bitでは動かないとか言われている、SHARPのRW-5100。見れば本家のサイトではすでに見捨てられているような記述が・・・。しかしWin8の64bit OSで動くのなら、動くのでは?
Rw5100win10
左はそっくりのサンワサプライのやつですが、中身は全く同じものであります。特に問題なくどちらも動きますね。XPでは全く正常でしたが、むしろWin7の32bitのほうが、動きはするものの、USBtreeで見るとびっくりマークが取れないですね。何に不整合があるのか不明。デバイスマネージャーでは正常なんですが。win10では全く正常と言うわけでこれはwin10の64bitでもいけそうです。
なお、旧品のため現在の販売価格が高騰していますが、中古相場は980円くらいかと思います。

| | コメント (0)

20年目のXPとWin10の話

W10experience
いやはや、よくある、作業LOGの類のメモであります。とうとうと言いますか、ようやくと言いますか、しぶとく使い続けているXPも20年目に突入し、まだ動いているものの、昨今機嫌がよろしくない。たまに吹っ飛んでしまうのと、ブラウザの類の新しいのが動かなくなってきたので、機能的に見劣りしてきた。但し、ミニポートドライバ頼りの古いH/WのツールやCADの類はWin7の32bitでもたいてい動くものの、起動するXPはやはり置いておきたい。しかしまた、バカが付くほど巨大なサイズの楽天ポータルのTOPや、全くダイエットする気のない生成したままのようである超重い無印のホームページなどは、そろそろハードのパフォーマンスも非力になりつつあり開けない。というわけで、昨今手頃な中古のメーカーマシンでWin10を仕立てようと作業中であります。ローズPCもハード的にはとても魅力的で良いのですが、メーカーPCの絶大なる一つのメリットを考えるとまずは安価で楽な方でということです。それはWinの認証が要らないこと。ローズではWinを買わないといけませんが、中古PCにはWinがもともと入っている。さらに中古PC屋によれば、今でも7,8からWin10への移行は可能なのだとか。そこで、MS謹製のMediaCreationTool20H2でUSBを作って、Win10Pro64をSSDのパーテーション開放で、一からインストールしてみました。ネットワークにつながないと途中から進まないですね。執拗にMSアカウントとの連携を要求してきますが、拒否して限定エクスペリメントで続行、なんか終了しました。本当ですね。終わるとデジタルライセンスで認証されていると出ます。しかも20H2になっているので新しいやつです。あっけなく、10分もかからないですね。XPとか2000とか何時間も一日仕事でやっていたのと大違いですね。SSDはGPTでNTFS、EFIと回復ができていて、パーテーション3つでアライメントもちゃんとなってました。これで安定していそうなら使い出そうかと言う感じです。そこで強烈な障害が一つ。2004バージョンからなのか、Windowsの割り込みタイマーの仕様が変更されているという話。正規に直したのかも知れませんが勝手にかえられると困りますね。確かにUSB-RadioとPX-BCUDの読み出しがうまく動いていない。これは困った。USB-Radioのはこれが原因かどうかわからないが、PX-BCUDの方はこれだろう。なぜならITEのsianoのほうのS1UDはちゃんと動いているからだ。eMPIAのドライバー直してくれないかな。

| | コメント (0)

ミューズノータッチ自動ディスペンサーの巻

Musenotouchdisp
ミューズ NGH-o 4906156802191 ¥980- 税抜き-15%割引券使用 近所のドラッグストア
いやはや、おもしろいギミックがお手頃だったのでうっかり買ってしまった。カビキラーのすぐ壊れる電動スプレー以来の水もの機械である。これが案外うまく作ってあり、水没しないようにパッキンもしっかりしている。ON/OFFスイッチも付いている。感心したのが案外誤動作しない。センサーが上下に二つあるのがどう反応しているのかおもしろそう。液体は、いわゆるミューズの石鹸の香りで、伝統ある殺菌力はありそうである。
あとで見ると、キッチン用というのがあるみたいだ。こちらの替えボトルがよそさうか。後日また、穴を開けて中身を充填してみるのもやってみたい。

| | コメント (0)

またまたやってしまいました懐中電灯

Meltedflashright
単4一つで適当に光る懐中電灯 買ったのは相当前
いやはや、黄砂、花粉、変な熱さ、地震にコロナとまったく、どうしようもありませんが、変異種の再燃が必然的に来るのでしょうね。なんだかんだとホームオフィス、リモートワークしておりますが、結構やることが一杯あって、なおかつ体力というより視力眼力の限界があって、若い頃のようには思うように物事が進みませんなぁ。まったく。
さて、またまた久しぶりにやってしまいました。要アルカリパワーの機器は、ニッケル水素の電圧で動くものなら、その充放電回数が無駄であっても、液漏れで機器の方が溶けるのを嫌って、ニッケル水素を奢っていたりしますが、リモコンは送受信タイプであっても、毎年換えればよいかと、マンガンしか入れていないのですが、この懐中電灯、ゴミステーションのカギに付けていたもの。
Meltedflashright2
ついこの前までちゃんとボタンがPUSHできて点いていたのもつかの間か。あれ、ボタンが押せない。これはやばい。開けて見ると見事な塩の結晶。しかも樹脂が溶けていて、崩壊している。これはだめか。代わりの物を物色しましょう。百均のはなかなか電池一本で動くのがないし、コイン電池複数入れるのは嫌だし、それよりもでかすぎて邪魔だしと、相当品がないか・・・。GENTOSもこんなちびいのあるかな。見れば、電池はなんと、使用期限12/2005て書いてある。それはあかんわ。たとえ光っていても、適度に交換いたしましょう。たまにしか点灯させないとは言え、今まで良く持っていたもんだ。

| | コメント (0)

レコードの針は減るのかの謎

Stylusdiff
Technics P24 T4P cartridgeの針
いやはや、まだ温存しているレコードですが、昨今、CDより売上げが多いのだとか。レコードは良いです。アナログなのがよいです。もし文明が退化しても、科学と学習の付録のレベルでも音が出せます。CDでは相当文明が進まないと再生できないでしょう。ビニールは溶けるので長くは持たないでしょう。万博の時埋めたタイムカプセルには金属板のレコードを入れたのだったか。人工衛星に載せたCDを再生できるのはかなり進んでいないと無理そうであり、アナログで載せるべきでしょうねぇ。まあ昨今のレコードがアナログなのはよいが、マスタリングがデジタルというのが、昔の完全アナログマスターとの決定的な違いと矛盾点であり、アナログレコードとハイレゾ音源を比較するとかこれまたばかげていて、ようやく近づいてきたとは言え、それは比較してはいけないのです。さて、左は新品のNAGAOKA製の換え針、右は1982年ころのやつです。横から見ると、古い方はゴミがこびりついてますが、先はさほど差がない。さて、針はどこが減るのか。
Old_stylus
古い方の針を先端の上から拡大してみた写真であります。針の赤く書いている部分がテカっていますが、ここがレコードと接触しているところですね。これは丸針なので、まん丸から見ると結構磨り減っているのがわかります。ここが減るのですね。レコード針各社には、楕円やシバタ針、昨今では研磨技術が向上して、マイクロリッジ針何て言うのもあるらしいですが、それで換え針を作って欲しいものであります。そういやCD-4のプレヤーにはシバタ針がついていて、それだけで万していたような記憶が・・・。で、これくらい磨り減ると音が悪いのかというと、音は出るのですが、針先よりもダンパーの方が効いているような。
P24old
この写真はアニメーションGIFなのでつついてみてください動きます。ともかく40年も経つとダンパーが腐っている。どろどろダンパーではカンチレバーに伝わった振動が吸収されてしまい、高音がなくなってしまう。この針では、岩崎宏美の「未来」の左CHで鳴っている、トライアングルかなんかの音が聞こえない。新しい針では鮮明に聞こえる。ダンパーをなんか換える方法、むしり取ってシリコンで埋めるとかなんかして再生できたらよいのですがねぇ。まあ幸いにもこの丸針の換え針は、当時と大差ない値段でまだ作ってくれており、それだけでも奇跡というべきでしょうか。NYのGRADOのカートリッジがこれまたえらい高いけどT4Pもまた新しく作っている・・・。欲しいですねぇ。

| | コメント (0)

ピンポン増設スピーカー2台目の巻

Ier2_2nd
AIPHONE Expantion Speaker IER-2 ¥991
いやはや、これはアイホンのインターホンの増設スピーカーであります。既に一つつないであるのですが、昨今のリモートワークでこもっている部屋で、ちょっと他のことに気を取られていると、聞こえないこと多々。最近はワイアレスのもあるようですが、高いのでもう一つパラってやろうという企みであります。もちろんチャイムだけで応答などはできませんが、音量調節付きで千円しないというすばらしい製品であります。警報機のサイレン音ももちろん鳴ります。
Ier2_inside
警報装置とつながっているインターホンは、増設スピーカーには音量調節ができないタイプが指定されていますが、しょせんスピーカー、音が来ているだけなのでこの音量調節付きでも鳴ります。ネジも2種類付いていて、木ねじで直止めもできるし、1コ口のBOXにも合うようになっている。綺麗に作ってあります。
Ier2_sch
パラって大丈夫か見るのに、どんな回路か見てみました。音量調節は3段階になっていて、大、中、小ですが、小はスピーカーに3.3Ωをパラっているので、ほとんど聞こえないくらいでOFFに近いですね。うまいこと考えてあるスイッチの回路で、スイッチが接触不良で壊れても、中で鳴るようになっている。バイポーラの電解で受けており、極性はどちらでも気にしなくてもいっしょ。スピーカーは20Ωと大きめなので、これを2パラにしたくらいで駆動側が壊れることはないでしょう。
Rj4511adptor
問題は、部屋までどうやって引いてくるかですが、一つめのはCAT5のLANの線の使ってないペアを利用してつないであります。中継場所のユニットバスの天井裏に近いので天井から通してやろうかとも思ったものの、こちらにも同じCAT5のLANが2本通してあり、一つはGIGAにしたのでだめですが、もう一つは余っているというか100Mでつないでいるので2ペア余っている。そのうち真ん中のペアは内線電話に使っているので、残りの78のペアをインターホンの増設スピーカー用に利用することにしました。RJ-11のプラグとジャックでつないでいますが、間違って電話に挿しても壊れないように、真ん中を避けて、2-5にしてつないでおります。ユニットバスの天井裏でこれらを結線して部屋側で分岐。これでピンポンを聞き逃すことがなくなりました。

| | コメント (0)

クリンスイの水漏れを直そう:その先

A103zcpackage
Cleansui A103ZC ¥21,101
いやはや、浄水器リニューアルに向けて、色々物色してたのですが、結局クリンスイに回帰。但し同じ型式でなく違う形の方をあえて発注。ちょうど薬天の期間限定Pが使えて良かったかも。さらのカートリッジが一つ残っているのと、フレキとか要らないので、安価で良さそうなKAKUDAIの浄水栓721-003にしようと発注したのですが、ちょうど在庫切れ。なんと納期回答が3末から4月とな。なんでも、中国からの部品が入荷しないのだそうだ。そういやテレビで通函コンテナが足りないと言っていますね。やむなくキャンセルして在庫のあるクリンスイのキットに変更。カートリッジの分高いが、付いているもの全部足すと、とてもお買い得ではある。その後、どこかの在庫が回ってきたようで、またKAKUDAIの在庫が復活していたが、もう遅いよ。買ってしまった。一から取り付けるように、TOTOライクに全部付いており、分岐栓やフレキまで揃っている。浄水器ホースも買ってしまったので余るが安かったからまあいいか。ゼネコン系下請けで余ったのを売っているのでしょうね。910円だった。次回は取り付け編です。

| | コメント (0)

加湿器あるある・・・ちょっとぼこぼこしすぎ

Ks1a083_humidifier174w
YAMAZEN 加湿器 KS1-A083 2015年製 2000円くらいだったか
いやはや、乾燥する季節、コロナのリモートワーク、加湿器は電気は食ってもお湯式がやはり気持ちがよいですね。昔はナショナルの電気ストーブの横にお湯式の加湿器が付いていて、ちょうどそこに缶コーヒーの細缶が入るものだから、ちょこっと缶コーヒーを入れて暖めたりとか便利に使えたものです。ヘタに長いことやると、内圧が上がりすぎて缶を開けると中身が部屋中に噴き出すというえらいことになった人も知っています。昨今加湿器は、超音波だけでなく、気化式やらハイブリッドやらありますが、このチビな加湿器、狭い部屋ではまあまあよろしい。難点はタンクが小さく、数時間で水がなくなること。シンプルイズベスト設計でフロートセンサーなどはなく、メカ式コーヒーメーカーのように、水がなくなって蒸発皿のヒーターが過熱すると、やや過熱した臭いと共に、サーモスタットでヒーターが切れると言う原始的な構造。そして、加湿量を欲張ったせいか、ややヒーターがきつく、174Wも食っていて、音もぼこぼこうるさい。
Ks1a083_humidifier85w
そこで、なんちゃってHIGH/LOWスイッチを増設。ちょっと下げるとどうなるかと思ってやってみると、本当は100Wくらいがちょうど良さそうながら、まあ85Wでも沸き始めるのが遅いが、一旦沸いてしまうと水はある程度沸騰しており、まあまあ蒸気は出ている。タンクの持ちも長くなって良ろしい。
Humidifier_halfbridge
内部は大陸製ながら、正しく作られており、露出部分はほぼなく、エンパイヤチューブやスイッチの端子までUL収縮チューブがかぶせてありますね。これならPSEはいけそう。なんちゃってスイッチの増設は、自己責任でお願いします。しばらく調光器をつないで100Wで使っていたのですが、面倒なのでドライヤー式で半波整流ということでダイオードを一発入れてみました。半波で85Wになっております。起動がちょっと遅いが、その時はしばらく直結HIGHにして切り替えれば良いかな。
次回は、あるある、なんでフィルターはそんな高いを予定しています。

| | コメント (0)

たっぷり7ヶ月分とはこれ如何に

Tappuri7month
Finish 900g 4906156500561
いやはや、これはもうだいぶん前から、ヨドバシやら密林やらのレビューに書かれていることだが、この手の食洗機用の粉洗剤は絶妙な商品替えを繰り返しているようで、かつて密林ではJOYの定期購入が3つで880円だったかとても安かった。しかしそれは900gではなくて、その後値上がりをして値下がりをしたかと思ったら、実は内容量が減っていて実質の値上げだった。パッケージを変えて容量を変える作戦だ。で他に何にしようかと見ていると7ヶ月と銘打ったFinishが登場。何を持って7ヶ月も持つのかと思いきや、よーく見ると「*4」と小さく書いてあり、*4とはなんぞやと探すと、これまた小さく保険の約款のように、「1回約4.5g 1週間で平均6回使用した場合」と書いてある。1週間に6回しか食洗機を回さない家庭とはどんなだろう? 仕事に忙しい単身赴任の旦那さん? 普段手洗いしていてたまに食洗機を使う家庭? 巣ごもりではヘタすると一日4回5回と回していたりしないか。食洗機の目的からして、おそらく普通、一日最低3回としても66日、たまに誤動作して追加したりするからまあ持って2ヶ月だろう。明らかに世間の現実とは合わない基準の商品説明である。フィニッシュ過大広告と言おう。もしくは「単身赴任の場合」とかpopを追加して欲しいものだ。素直に「たっぷり200回分」がわかりやすくて印象がよいと思うねぇ。

| | コメント (0)

ゴミみたいな多回転ボリューム

Wxd3121w103
Changzhou Wujin Lijia Xinyu Electronic Component Factory
关于捷骏牌多圈式线绕电位器WXD3-12-1W 103
いやはや、これが中華電源についていた多回転ボリュームであります。JWJ製であります。ぐぐってみると、似たような型取り品が各社出てきますね。はたしてまともなものがあるのかどうか。さすがに大手では取り扱いはないですが、海外のパーツ屋ではこれをラインナップしているところも見かけます。トラブルの元でしょうね。
Wxd3121wjyoshu
底には常州の刻印があります。しかしまたこの大きさでどうやったらここまでウェルドだらけにできるのかどうか。工業製品の域ではなく、民生でもありえない仕上がりであります。再生プラスチックなんでしょうかね
Wxd3121wjiku
軸は細径であります。普通、精密なやつは、真鍮の削り出しとか綺麗なものですが、これは廃価ボリュームによくある亜鉛ダイキャストのようです。がさがさですが、クリアランス多めにしてあるようで一応ナットは嵌ります。BOURNSのは分解不可能になってますが、これはフタにネジがある。抜けているのは開けたからです。隙間もあるので完全な密閉構造ではありません。
Wxd3121wsliderこれはがさいスライド機構であります。しかもPOMとかであるはずはなく、ただの樹脂でしょう。左側のプロペラのような金具がコモン接点に接触しているところで、2つ接点があります。メッキはスズですかねニッケルですかね、表面はがさいです。右側が溝に沿って滑るスライダーで、隙間に抵抗体を挟み込んで真ん中の接点が接触して導通します。この接点もいかにも荒いですね。
Wxd3121wsliderwire
これはスライダーの反対側、接点はそのうち切れそうな線でつながれています。何回行き来させたら切れるのか解りませんが、切れるが先か接点が削れるのが先かという感じです。
Wxd3121wcnplate
こちらがケースの底にある、コモン接点というかスライダーのプロペラ接点が接触しているところ。すでに黒くなって接触が悪そうです。これでは接触不良するのも当然か。錫メッキなのか、ニッケルなのか、はたまた生鉄なのか。精密多回転ボリュームの軸とは思えない仕上げであります。
Wxd3121whelixcoil
抵抗体はいわゆる巻き線抵抗のスパイラルで、まあそれなりには巻いてある。この径にスライダーの溝が嵌って回っていくようになってます。まあこれを家庭用とはいえ、実験用の電源に使うかどうかは、気持ちも含めてあなた次第、自己責任でという感じですかね。以上、ゴミみたいな多回転ボリュームの分解レポートでした。

| | コメント (0)

«ついでにMYMのシャワーヘッドの顛末