俺たちの朝#43(別れの時とミクロネシアとよォッ! 妹)

Oreasa431いやはや、超久しぶりのなつかし俺たちの朝シリーズの続きであります。いやいや3年以上前から滞っておりました。あともう少し、今回は43回目であります。なんだかTVKでは昨年また再放していたのだとか。今この時代の青春シリーズを若い人が見ると、どう感じるのでしょうね。良い時代だと思うのか、それとも陰気だとか? 結構、案外新鮮ではないかと思いますけどね。
Oreasa432松風荘であります。線路に面して、跨いで入り口があるのは、これは江ノ電特有でありましょう。だいぶん忘れてしまいましたが、そう、寮を追い出されて居場所がなくなったカアコは、オッスとチューちゃんが移り住んだ松風荘に転がり込むのでした。管理人のおばさんには、オッスの妹と言うことで。しかしそこはヌケさんではないのに間抜けなオッスがまたイベントを起こすわけです。
Oreasa433ヨットのことになると他のことを忘れてしまうオッス。同じアパートの1Fの住人に今度の遠征の時、一緒にヨットに乗せてやると言われ、あっさりと引っ掛かる。それをカアコがあの人は怪しいと指摘するもののオッスは信じない。結局騙されていたことがわかりオッスはアパートの前で見つけた住人を線路を走って追いかけて、その横で殴るのですが、騒ぎを聞きつけた管理人のおばさんに、
Oreasa434カアコが妹ではないとばらされ、またまたカアコは居場所がなくなる・・・。踏切から最短距離でアパートのところまで線路を行けるとは、昨今のマナーの悪い外国人みたいですが、江ノ電では今でもできるのかな? 怒られそう? そして出ていこうとしていたカアコですが、チューちゃんの必死の説得で、まだアパートに居られることになったのでした。
Oreasa435さて、花の湯はじつは鎌倉ではなかったのですが、またまた花の湯でエンディングであります。今回の名言は、「別れは いつかやってくるもの でも、それまでは 一緒にいよう、三人で 」であります。俺たちの朝のファンサイトはもう消えていますね。いやいやどこか残ってないかな。そんなわけで次回に続きます。 いやしかし、かれこれ20年くらいファンはDVDの登場を待っていたのですが、今はあるのですね。続編(後半?)もあるらしい。結構高いですね。

| | コメント (0)

ゲロゲロマウス

mamoumb
Designed by SANWA SUPPLY MA-MOUMB
いやはや、これはかつて青く光って綺麗だった、サンワサプライのワイヤードマウスであります。No more Rubber coating!  いつからか、ゲロゲロ状態であります。もはや、オプティカルセンサーが旧式でありますから、やむなく廃棄となりました。なお、マウスはスイッチだけ捕っておくと、ボタンのスイッチが壊れたときの修理に使えますね。先日も、期限切れのLogicoolマウスの左ボタンのチャタリングを廃棄マウスから移植したスイッチで修理いたしました。どちらにせよ、無用の長物、エコでないラバーコーティングはお断りしたいものであります。いやしかし、昨今マウスはどんどんちゃちくなってしまって、なんだかなでありますが、2014年モデル辺りが安売りしているので予備に買っておくのも良いですかね。MSマウスを定期的に交換してもらうも良し、個人的にはやはりロジが往年の使いやすさと信頼性と言うところでしょうか。

| | コメント (0)

OLYMPUSのACアダプタ

vfba2b
OLYMPUS VF-BA2-B 12V 1.2A
いやはや、これはかれこれ35年ほど前のACアダプタであります。往年のバッテリーパックのデファクトスタンダードであるNP-1を彷彿とさせる角落ちの形状をやや細長くしたような、これもポータブルVHSビデオのバッテリパックの代わりに刺さるACアダプタだったと思われます。コンパクトと言いつつこの大きさでたった12V1.2A、時代的には入力がワイドなのは良くできているか。中身は松下製でした。その余裕の大きさゆえか、まだ動くのですが、さすがにそろそろ危なそうなので、廃棄といたしました。薄紫の4級塩が出てきそうな電解は自社製400V33μx2であります。コントローラーもお家製のAN6514、名器かどうか珍しいハイブリッドなフォトカプラON3105が見えます。松下色の濃い紫の2次側電解3300μは膨らむ気配もありません。基板は薄い銅板で2重にくるまれていて家庭用ゆえノイズ対策も厳重です。いやいやまともに作られた物は壊れませんなぁ。

| | コメント (0)

NETGEARの古い無線ルーター

netgear_wgr614ajp.jpg
いやはや、いずこでも古い物、要らないものを捨てていかなければいけない昨今、むなしい限りではあります。はて、エコとは? 生産物を燃やしてCO2を増やしてそれを地下に詰めて地震を誘発させること? ゴミ屋敷の構築法の一つ? 環境に優しい、アース様の逆鱗に触れない方法とは? さて、これは54M世代のNETGEARの無線ルーターであります。うちでは3世代前になりますが、3年保証ぎりぎりだったものの、どうも動きが安定しなくなって交換したような。NETGEARのはデザインがうまいですね。これもジーンズステッチのような空気穴が印象的で、ゴム足のちょっとした細工も気が効いている。内部の基板も整然としており、それだけでも信頼性を感じられます。家庭用の無線ルーターのいけてないところは、無線のアクセスログが取れないことでしょう。Atermなんかは実装する気もない。しかしこれは、それができたのではなかったかと思います。(うまくログインできるところまで動かなくて確認できず)不正アクセスを確認するためには、今繋がっている端末や、そのログがとれると安心できるのですがね。さすがに数千円の機械では無理か。ま、お役ご免と言うことで金の取れる基板はリサイクルに出しますかね。

| | コメント (0)

あのリブレットは起動するのか

librettowin95
いやはや、ビューティフルドリーマーの永遠の学園祭前日かのように、永遠に物探しと片付けをしている日々、皆様いかがお過ごしでしょうか。先般、J3100SSの起動を試みましたが、そのすばらしい普通部品でできたPCBAを持ってしても、ベルトドライブのFDDのベルトが溶けて存在しない。その後のYEDやTEACのFDDは軸モーターがDDですが、当時はまだベルトで回していたのですね。接続がFPCだし、いやその前にBIOSメッセージも出てこないからそれ以前の問題かと言うところで止まっておりますが、なんとリブレットは起動しました。なんとWindows95であります。おへそのゴムがどろけており、うまく動きませんが、HDDの異音もなく動きますね。ポトリを付けると、9ピンDSUBの232Cとパラレル25ピンがあるのが使い道があるかも。当然LANなんかないし、USBもないですね。この頃はPCMCIAのカードを挿してモデムやLANしてたのでしたね。

| | コメント (0)

平成のMOは読めるのかの謎

SONY_128MbyteMOdisk
いやはや、このところ、いやここ数年、世代交代の時期と言いますか、法事の頻度が増えておりますが、とうとう新しい年号になりました。PC関連の設定等で未だ和暦の記載が必要なお役所、金融関連など、どのような混乱があるのか実はすべて把握できていないでしょう。古いデーターを如何に保存するか、保存したところで価値はないかも知れないが、人類はいろいろな方法でそれを行ってきました。よほど知的な文明に向けてはメタル盤CDもありかも知れませんが、まずはアナログ記録でしょう。究極は石版に刻めば次の文明で掘り出してくれるかも知れない。MOはどうでしょうね。磁力と熱と樹脂メディアでは100年越えの保存性は厳しいでしょう。ちなみにMDもMOと同類ですね。しかしまた、初期のHDDしかり、この重厚なメディアの記憶容量は128。単位はメガバイトであります。しぇんえんしなくなった、ちょろUSBメモリーが平気で32Gの容量を誇る昨今、その256分の1しか容量がないとは。それでもフロッピー70,80枚入ったわけですから当時としてはありがたかった。但しMOは日本でしか流行っていなかったのかも。そんなわけで、お写真はPCバックアップのSONYの128MのMOメディアと、末期に買った640Mタイプの扱えるドライブであります。いやいやそれで、ちゃんとまだ読めました。昭和のフロッピーも案外読めていますから、容易な技術で読めるように保存するには溝レコードの次はやはり磁気テープかフロッピーですかね。

| | コメント (0)

いやはやもはやゴールデンウィークとは

sakura190406
いやはや、もはやGWとはこれ如何に。バタバタしているうちに、4月も終わろうとしています。しかも平成最後の日だとか。しばらく書き込まないうちに、cocoログがリニューアルされていて、これはまた致命的、壊滅的に使いにくい。と言うか使えないレベル。ブログ引っ越しを真剣に考えないといけないかも。なんでこんな使えなくするんだろう。これなら、昔のうなぎの寝床のように、ベタhtmlで書いた方が書きやすいか。同じ見え方で引っ越しする方法はあるのか。まさに、なか卯の券売機並に意味不明なUIであります。企業でもITの退化にお嘆きの貴兄も多いでしょう。乱立するデーターベースはさておき、とても使いやすかったnotesは廃れるし、unix世代の信頼できたCADはPCへ移行し、進化したのか退化したのかと言えば、持ち込まれたあちら物CADは日本人感覚から外れており、退化し続けている感があるし。いずこもなんだかなでありますな。さて、GWも進行しておりますが、少し時間ができたので溜まっているネタなど、この使いにくいUIでどこまで書けるかどうかでしょうか。とりあえず見た目は同じに書けているか?? なお、スマホページは確認していないので広告やその見え方等意識していませんのであしからず。

| | コメント (0)

スカボロフェアー

Scarboroughfair
いやはや、なんと言いますか、スカボロフェアーであります。既に相当古いですな。たまにミセスロビンソンとかイントロを思い出したりしますね。エレーンていう感じですか。最後の敬老会のバスの中の視線のシーンが残像します。お写真はまあそう言うことです。
パセリセージローズマリータイムであります。

| | コメント (0)

愛用のヘッドホーンをメンテしよう

Athw10vtg_audio technica ATH-W10VTG 1996
いやはやこれは愛用のaudio-technicaの初代のウッドモデルvintageであります。とてもマイルドな音がお気に入りで、今でも愛用していますがさすがにだいぶんと各部が朽ちてきました。すでにイヤーパッドは2回替えていますが、今となってはそれ以外もやばいです。と思ってリペアパーツサイトを見てみると、しまったもう少し前にいろいろ買っておくのだった。既にイヤーパッドと変換プラグ以外はなくなっておりますね。いまやウッドシリーズも10機種以上あるものの、大半がすでに修理不可のような。そんなわけで各部の交換の様子などを。
いやしかし、オープンエアーのも一つ欲しいな。高いな。AKGもいい? いや究極はSTAXか。

| | コメント (0)

真空管ヘッドホーンアンプ

Ge5670hpElekit TU-882R GE5670
いやはや、押し入れからそのうち作ろうと思って買ってあった、真空管ヘッドホーンアンプのキットが出てきた。そんな複雑なものではなく、オーソドックスな双三極管の回路だが、部品のグレードがいまいちなのと、使いやすくするために、音声経路に接点が多く、基板のパターンを前後に行ったり来たりしているのが何だかなという感じながら、とりあえずそのまま組んでみた。球はGEの5670であります。おっと、出力が当然トランス結合で、要らない巻き線がぶら下がっていたりと、余分な部分があるにはあるが、聴いてみると意外に良い音をしている。これでレコード・・・。おお、これは良いわ。

| | コメント (0)

«たまにはMDも起動してみよう