今日のお空

Sky180321
いやはや、バタバタしておりまして、全く更新できておりませんが、皆様いかがお過ごしでございましょうか。先日半袖Tシャツで作業かと思っていたら、今日は関東では雪が積もっているそうで、ますます地球様は変動期へ向かわれておられるのか。さて、関西では本日は日中、ピーカンでございました。日に当たって、疲労感で身体が重い。

| | コメント (0)

謹賀新年2018

2018web800
いやはや、どたばたしているうちに2017年は終わってしまい、もはや2018年となりました。皆様いかがお過ごしでございましょうか。ブログも各種ネタはあるものの、書き込みが滞っております。とにもかくにも自他共にお身体を大切に。

| | コメント (0)

掘りたてさつまいも(ふるさと納税)

Murotosweetpotato掘りたてさつまいも2.5kg ¥3000- 高知県室戸市
いやはや、なかなか書き込みが滞っておりますが、引き続きふるさと納税シリーズであります。こちらは普通のさつまいもであります。重い荷物になるのに、3000円とは良心的であります。さつまいもも、干したり熟成させると糖度が上がるのでしょうけれども、なかなか冷蔵庫の容量とか、お天気具合とか都合が付かないこともあるので、蒸して戴きました。

| | コメント (0)

秋の味覚生栗(ふるさと納税)

Kuri2kg生栗1Kg x 2 = 2Kg ¥10000- 御坊市 紀州田舎の小さな八百屋さん (後ろの新聞包みも同じネット入りの栗であります)
いやはや、ふるさと納税シリーズであります。去年、神社のでみせで、買いそびれたので今年は発注してみました。特大ではないものの、大粒の栗であります。一時冷蔵用の袋も付いております。栗も氷温熟成すると、甘くなるそうですが、野菜室の温度ではカビてきますから、気にせず栗ごはんやわざわざマロングラッセにしてもらって戴きました。秋の味覚と言うことでおいしく頂けました。いやしかし、なんと言いますか、伊那市と都城市にはがんばって欲しかったところですが、返礼品の還元率はかなり下がってしまいました。本来どういった趣旨で、どうなることを期待していたのか、予想ができていなかったのかが曖昧になってきた感はありますが、都城市の池田市長の言われるように、還元率は100%でも良かったのだと。予算確保よりも当該自治体にお金が流れるだけでもメリットがあると。大多喜町の金券はやり過ぎとしても、伊那の少額家電くらいは地域振興とみれば何の問題があるのか。お金だけ集めようなんて所詮無理な話ではありませんか。

| | コメント (0)

カセットテープ復活?

Maxell_ul60maxell UL-60(H) 4902580517144 made in Indonesia ¥100-
いやはや、世間では、アナログレコードとカセットテープがまた流行っているらしい。しかしデジタル(り)マスタリングしたソースで溝を刻んでもなんだかなぁという感じである。カセットはもはやハイポジションのテープは入手できないが、何時だったかのライフの処分品に続いて、未だ一部ではノーマルテープは売っているものの、ダイ粗にもマクセルの60分テープが売っていたので話のネタに買ってきた。
Maxell_ul60_shカセットのシェルと言うかハーフは透明で、かつてのSchotch crystalやメタル時代のスケルトンタイプを思わせる、透明のスリップシートを採用したすっきりしたデザインである。クレジットカードのサイン欄のような直接字の書ける白いエリアがある。ヘッドのパッドのところのネジがない。
Maxell_ul60_reelstpかつてのTDKのDなどローコストタイプのハブのテープストッパーは、材質の問題か、テンションがきつすぎるのか、その後割れてしまっているものがあるが、これはハブと同一の材質ぽい、綺麗なしっかりしたストッパーである。
Maxell_ul60_headpad真ん中の窓のプレッシャーパッドの後ろの磁気遮蔽板がない設計である。プレッシャーパッドのフエルトがやや荒いように見える。遮蔽板は必須ではないのだったか?
Maxell_ul60_magneticテープはBASFの研磨茶色テープのようではなく、後期の普通の鏡面仕上げのやや黒色の磁性体のテープである。で、音はどうなのかですが、まだ録再してみていないので、次回にでも。
しかしまた、事変により文明が退化してしまった場合、アナログレコードや磁気テープのアナログ録音は、比較的簡単早期にそれを再生できるようになるだろう。しかし、たとえそれが明治時代程度の後退であったとしても、CDやMDは再生できるようになるまで相当な時間がかかるだろう。アナログがリバイバルすると言うことは、そう言ったことの前兆なのか。

| | コメント (0)

AMD USB filter driverの謎

Amd_usbfilterいやはや、LCDモニターの画面撮りで、モアレっていて見にくいですが、この、百害あって一利なしとも言われるAMDのUSB filter driverである、USBfilter.sysだけれども、いったい何をするものなのかの情報がなさ過ぎる。レガシーMBのUSBのサウンドデバイスなのか、USB TVチューナなどを正しく動作するようにサポートするようではあるけれども、要るのか要らないのか消してもいいのか謎である。実はどうしてもUSBラジオが鳴らなくなってしまって、いろいろUSBのドライバーやら、サウンド系のCODECを消してみたりしたものの効果なし。でもFFDSHOWで他の音は出るしと、そこでこれを消してから再起動、再装着してみたら鳴るようになった。しかしはたしてこれが悪さしていたのかどうかは定かではない。いろいろ消して再起動したので自動的に再インストールされたものもあるはずだからだ。内部にBuffer underflowとかの文字列があるので、USBのストリームをどのように分けて同時にいくつできるのかしらないが、バッファリングして途切れないようにしているような感じである。古いオーディオデバイスにはUSB1.1のものが多いので、遅いから、AMDのチップセット的に途切れる可能性があるので、ドライバーでカバーしているのだろうか。ゆえにそれを想定していないプログラムとは相性が悪そう。今のところ無い方が調子がよい感じである。初期のというかカノープス時代のUSBサウンド系は、よほど調子が良くないと、音が途切れたりノイズが入ったものだが、最近はCPUが速いからなのか、USBのドライバーまわりの礼儀が正しくなったからなのか、そう言うことは普段は気にしなくなった。しかし、このUSBラジオはたまに音飛びしている事がある。その原因はまだ不明だ。調子がよいと起きないから何かが悪さしているようだ。

| | コメント (0)

Nexus7(2012)復活

Nexus7recoverいやはや、少し前の話になるが、あの一騒ぎでgoogleから入手したNexus7だけれども、android5.1になってしまってから、いらいらのかたまりでしかなく、全くの実用性を失ってしまった時代遅れの端末と化していたが、GWの合間に、やっとダウングレードを実行した。というのもflash-allが呼び出す、fastbootの必要とする、winsockのdllのfunctionがXPにはないからエラーになってしまうのである。ゆえに、win10のノーパソでやっとやり直した次第。Android4.4.4に戻ったところ、かつての元気な挙動、反応に戻って、これは電池がへたるまでまだまだ使えそう。一画面で自炊(そう言えば最近効かなくなった言葉だ・・・)雑誌を読むにはこのサイズが欲しい。SDスロットがないのが玉に瑕だが、なんと言ってもGPSが付いているのがFireよりも優れている。そして最近は、ガラケーの友として&室内用FireのAPK取り出し機としても活躍中だ。

| | コメント (0)

割り込みの原因はIDEだった

Pc_ideportいやはや、PC劇おその原因がIDEケーブルだったなんて。元のマザーボードでは特に支障なく、つないだまま放置していたのですが、IDEポートにUDMAの80芯ケーブルを挿して、反対側はMASTERなし、SLAVEに電源をつないでいないHDDが繋がったまま。IDEといいますかPATAと言いますかIRQのピンは悪評高きハイアクティブゆえ、電源が入っていないHDDだと何も起こらなそうですが、何かのピンが悪さをしているのか、これを抜くとインタラプト60%overは綺麗になくなりました。どうもフルタワーケースにマザーボードをちゃんと据えて、線を一式綺麗につなぎ直したのが遅くなったタイミングだった模様。AMDK8.sysの悪さではなかったようで。これで一つ解決。

| | コメント (0)

ドナドナBRAVIAの中・豪華なメインボード

Bravia_maindigpcbいやはや、ドナドナBRAVIAの中のつづきであります。もはや、忘れつつある、巨大なBRAVIAでしたが、これがメインのデジタル基板。昨今のローコストモデルとは比較にならないほど豪快であります。巨大なヒートシンクと、下側に散らばるヒートシンクもそれぞれQFPのLSIが並んでいる。最近のTVのラインナップを見ると、2画面ができるものがなかなかないような感じですが、この頃のはともかく高機能。唯一まだインターネット系とメディアサーバー系とHDMIのリンクは未成熟ながら、外部端子とTVチューナーで2画面表示できるのはとても便利だった。もちろんサイズ変更可能。この基板の左側はHDMIの入力切換ですね。PPV用の電話端子もあるし、特に用途のないLAN端子もある。いやいやこれだけの代物、もう10年くらいは動いて欲しかった。

| | コメント (0)

設計上の標準使用期間は6年とな

Stduselim6y_2YAMAZEN YBS-B255 2014年製 MADE IN CHINA 25cmボックス扇
いやはや、2年で軸が焼き付くモーターが採用されていても、設計上の標準使用期間は6年なのだそうだ。日本メーカー製なんかでは10年と書いてあるのもあるが、まあ1万もしないやつなら、6年持ったら良いだろう。しかしこれは、2年しか持たない。設計上の標準使用期間は保証期間とは異なります。とも書いてある。実働可能時間とも異なると言うことだ。設計上の標準使用期間を超えて使用されますと、経年劣化による、発火、けが等の事故に至るおそれがあります。とも書いてある。それはあり得ない。2年で止まるのだから、標準使用期間には至らない。例の、やたらに首振りの忙しない=(たぶん)スペックの違うギヤードモーターの付いた、トヨトミのでさえ10年と書いてある。確かにプロペラモーターはまだ異常がない。YAMAZENのは部材調達をケチりすぎていて、モーターが外れだったと言うことだ。一旦注油して回っているが、次に止まったら捨てよう。現在はこの後継機種と思われる、YBS-B256と言うのが売っているが、何が違うのだろうか。

| | コメント (0)

«いまごろXPはアクティベーションできるのかの謎